• 企業理念
  • 会社概要
  • 月刊基礎工
    • 定期購読申込書
    • バックナンバー
    • バックナンバー(デジタルブック)
    • 特集主題一覧
    • 原稿執筆について
    • アンケートご協力のお願い
  • 刊行物案内
  • 技術講習会・プロ養成講座
    • 講習会・養成講座レポート
  • リンク
  • 月刊基礎工 バックナンバー・デジタルブック閲覧サービス
  • デジタル雑誌「基礎工」
  • 土工・基礎工用語辞典 デジタルブック閲覧サービス
 
バックナンバー
 

月刊基礎工 バックナンバーのご案内

2019年 (クリックすると目次が表示されます)
1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号


その他の年の目次ページ
2019年 2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年
2010年 2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年
2001年 2000年 1999年



 2019年1月号 

特集

東京外かん整備の最前線

表紙画像

総括編集  臼田・横田 両委員

立ち読みをする

ご注文はこちらから   デジタル版のご注文はこちらから
クリック             クリック
グラビア東京外かん整備の最前線
巻頭言インフラとしての外郭環状道路大石 久和
総 説首都圏高速道路ネットワークと外環の意義山本 悟司
 〃 首都圏高速道路の料金体系の変化と交通の変化渡邊 良一
●千葉県区間
各 論合意形成と計画上の工夫森  勝利
 〃 高速道路部(専用部)の構造木曽 伸一
 〃 今供用区間における千葉県の取組みと今後の展開菰田 直典
●東京都区間
各 論東京外かく環状道路(関越〜東名)の事業概要柴田 芳雄・加藤 健治
杉井 淳一
 〃 東京都区間外環国内最大のシールドトンネル工事野笹 隆幸・安原 正幸
野坂 光弘
 〃 東京外かく環状道路(関越〜東名)の計画策定・実施に向けた取組み石倉 丈士・安原 正幸
栗原 和彦
 〃 東京都のこれまでの取組と今後の展望飯村 一実・周郷 友義
●既共用区間の整備効果と今後の延伸計画
各 論外環埼玉区間における維持管理の現状と課題青澤 正樹
 〃 東京外かく環状道路(東名高速〜湾岸道路間)の計画の具体化に向けた検討状況国土交通省関東地方整備局
計画調整課
【報文(1)】千葉県区間
報 文現場専用コンクリート製造プラントと地下水対策工の施工実績
 ―東京外環自動車道国分工事―
安斎 光美・金﨑 伸夫
加藤 勝之・佐藤 康彦
 〃 東京外環自動車道市川中工事
 ―周辺環境・多様な交差物件に配慮した設計・施工実績および品質・生産性向上の取組み―
安斎 光美・奥本  現
安田  学・井上 直史
 〃 大和田地区の開削工事・Hランプシールドの施工小島 裕隆・藤江 康司
浦島  理・馬場崎宗之助
 〃 田尻工事:ハーモニカ,シールド,重層躯体の施工小島 裕隆・寺下 雅裕
奥村 卓也
 〃 高谷ジャンクションにおける橋梁下部工の施工金子  博・森山  信
纐纈 文博・伊庭 孝充
 〃 京成本線交差部の施工
 ―営業線駅直下での世界最大のR&C工法―
安斎 光美・松崎 徹哉
 〃 JR総武本線交差部外環跨道橋の施工
 ―ニューマチックケーソン+アンダーピニング工法―
立川 宏志・亀山 貴弘
山本  淳・安斎 光美
松崎 徹哉
 〃 都営新宿線交差部建設工事
 ―フロンテジャッキ工法―
小島 裕隆・漆山  明
【報文(2)】東京都区間
報 文東京都区間外環大泉本線工事
 ―シールド機組立工事と掘削土砂搬送用ベルトコンベヤ工事―
山岸 睦功
 〃 支間長115m・重交通路線(目白通り)と大泉ICを横断する橋梁送出し架設中村 雅範・永尾 隆平
 〃 中央JCT下部工工事の現況小村 俊夫・山本 永朗
原田  慎
 〃 ICTを活用した大規模地下ランプ築造工事八木 純樹
 〃 本線トンネル(北行)工事の現況
 ―東名JCT発―
木村  勉
 〃 トラックマネジメントシステムの導入
 ―東名高速道路での事例―
佐野 昌嗣
 〃 女性の感性を生かした魅力的な現場づくりに向けて
 ―東京外環プロジェクト・女性技術者の会の設立―
宮本 星良
コラム千葉外かんの思い出塩井 幸武
連載企画けんせつ小町便り 第37回星野笑美子
連 載次世代へ伝えたい私の思い 第30回
 不具合!窮しても考えよう,技術的解決策が何かある
白砂  健
TOPIC地中連続壁協会・鋼製地中連続壁協会・地中壁施工協会共催
 「地中連続壁工法」技術講習会を開催
インフォメーション第4回地盤品質セミナー(2018年度)
 宅地と地盤災害《地盤品質判定士に求められる専門的知見》開催の
 ご案内/地盤品質判定士会
TOPIC地優連じゆうれんが技術報告会を開催/一般社団法人 地盤優良事業者連合会
「基礎工」平成30年(2018年)既刊号総目次

〈編集趣旨〉
 昭和41年に東京都西部に都市計画された東京都市計画道路都市高速道路外郭環状線は,約50年間の凍結後,平成29年2月に外径16mのシールドマシーンの発進を端緒として本格工事が開始された。
 凍結解除に際しては,環境への配慮や激しい反対運動などにより,都市計画を高架式から大深度地下式に変更するなど,技術的に未知な領域での大きなチャレンジも求められるものとなった。
 外環は,国土強靭化のみならず日本国が将来に亘って世界と競争し,勝ち抜いていくうえで必要不可欠なインフラであり,その早期の全線供用が大きく期待されている。
 こうしたなかで,今年,既供用の埼玉県区間に続き,千葉県区間の供用がなされ,さらに東京都区間の大深度地下工事が開始されたため,この時期をとらえて読者諸兄の技術的な欲求を満たすべく外環整備の最前線を特集するものである。


 2019年2月号 

特集

最近の基礎工事機械・
土工機械

表紙画像

総括編集  三反畑 勇 委員

立ち読みをする

ご注文はこちらから   デジタル版のご注文はこちらから
クリック             クリック
巻頭言i-Constructionの推進
 〜建設現場の生産性革命と働き方改革〜
五道 仁実
総 説基礎工事用機械の最近の動向遠藤  智・栗本 真司
田中 祐介・中澤  亨
梶野 浩司
各 論省力化・省人化のための施工機械と基礎工法の革新塩井 幸武
 〃 ODAによる案件形成と設計条件小泉 幸弘
●遠隔操作,無人化施工など
報 文ヘッドマウントディスプレイを用いる重機の遠隔操縦事例
 ―T-iROBO® Remote Viewer―
加藤  崇
 〃 人とぶつからない建機の展開事例北原 淳史
 〃 建機を遠隔操縦できる人型ロボットの開発と災害復旧工事での利活用吉田 道信
 〃 自動化オープンケーソン工法(SOCS)の水中掘削機械秋田 満留・西村  敦
松尾多嘉久
 〃 遠隔操縦式水陸両用大型バックホウの新規開発経緯と工事例飯塚 尚史・小笠原 司
馬欠場真樹
●杭基礎,山留め
報 文小型・軽量最新鋭掘削機の施工事例
 ―イタリアコマキオー社CH450型―
菊池 顕慎・鈴木 雅晴
池田 貞次・小林  眞
 〃 低空頭・狭隘地における新しい杭打ち機・施工事例高階 亮多
 〃 超低空頭場所打ち杭工法による狭隘条件下での施工事例竹田 茂嗣・加藤 精亮
 〃 最新型地中連続壁掘削機の海外調達佐久間誠也・坂田 新治
 〃 杭施工中のデータを活用する圧入施工自動運転システムの開発
 ―PPTS自動運転―
竹村 龍一
 〃 既存場所打ち杭撤去における水平切断の実用化
 ―AK2カッター工法―
三浦 勝則
●地盤改良
報 文浅層地盤改良機械と工法の変遷と施工事例前川 法之・田中 克尚
古瀬 朋一・新沼舘タケル
 〃 中層混合処理工法(WILL工法)におけるICT活用による施工管理簡素化への取組み市坪 天士・島野  嵐
中馬 忠司・郡山 雅臣
 〃 締固め砂杭(SCP)工法の施工機の変遷と最近の施工事例尾形  太・江副  哲
杉本 知弘
●土工事
報 文ICTブルドーザとICT油圧ショベルの開発と改善稲垣 淑彦・原田 純仁
 〃 土工締固めに威力を発揮する振動ローラ
 ―新型10t土工用振動ローラSV514―
吉田 正博
 〃 盛土の品質管理用自律制御RI試験ロボットの開発千葉  力・神山 和人
妻木 俊道
●要覧
報 文日本建設機械要覧の紹介(基礎工事機械)遠藤  智
コラム建設機械あれこれ岡原美知夫
連載企画けんせつ小町便り 第38回野末 道子
インフォメーション平成30年度 石灰による地盤改良セミナー(東京)/日本石灰協会
新刊紹介2018年版 建築物のための改良地盤の設計及び品質管理指針/
 (一財)日本建築センター・(一財)ベターリビング

〈編集趣旨〉
 国土交通省が推進するi-Constructionでは2025年度までに建設現場の生産性の20%向上を目指していますが,施工プロセスの改善,革新には建設機械の発展が大きくかかわっています。そして,ICT(情報通信技術)やGNSS(衛星測位システム)といった先端技術の進歩と共に建設機械も日々進化しています。そこで,今月号では主に基礎工事や土工事に使用されている最近の建設機械を取り上げて,その動向や課題,将来展望などを論じていただくとともに,最新の施工事例を紹介しています。狭隘なスペースでも効率よく働く機械から,遠隔操作,自動化,無人化の実現を目指したものなど,多様な建設用機械を取り上げましたので,読者の皆様にとって大いに参考になると確信します。なお,地中障害物の撤去工法および深層混合処理工法については2017年の2月号および6月号に特集されていますので,是非そちらもご参照ください。


 2019年3月号 

特集

難しい条件下の
山留め・開削工事

表紙画像

総括編集  田島 新一 委員

立ち読みをする

ご注文はこちらから   デジタル版のご注文はこちらから
クリック             クリック
巻頭言開削工事の課題について思うこと小山 幸則
総 説建設事業計画上での開削に係る特殊条件への配慮と留意点杉本 隆男
各 論都心部における厳しい条件下での開削工事の計画上の留意点一柳 政充・川岸 康人
 〃 地下水流動阻害が懸念された道路の設計・施工・維持管理における留意点
 ―高速道路での事例の紹介―
永井  宏
 〃 臨海部における難しい条件下(超軟弱地盤:側方移動)の矢板壁の設計上の留意点森川 嘉之
 〃 建築における難しい条件下の山留め計画上の留意点實松 俊明
 〃 地下掘削工事に用いられるセメント系地盤改良の動向と施工管理のポイント田中 博之
 〃 地下掘削工事に用いられる薬液注入工法の動向と施工管理のポイント岡田 和成
報 文日比谷線築地駅改良工事における地下構造物への影響と対策塚越 力也・岡田 龍二
橋口 弘明
 〃 厳しい空頭制限下における鋼製地中連続壁の施工岩下 直樹・板橋 信男
山本 章貴
 〃 地層間に巨礫を含む地盤における掘削土留め工と薬液注入工の設計施工例市川 智久・山本  淳
吉田 直人・須田  聡
 〃 鉄道橋脚耐震補強に伴う転石地盤における効率的なライナー土留め富澤 広宣・川村  衛
 〃 TRD工法による大深度地中連続壁施工田村  憲
 〃 外環千葉県区間工事における地下水流動保全
 ―東京外環自動車道市川中工事―
安斎 光美・奥本  現
吉住 淳志・井上 直史
 〃 埋立前に開始した夢洲ゆめしま側アプローチ部の土留め・開削工事
 ―夢咲ゆめさきトンネル[沈埋トンネル]―
箱田  厚・川瀬  洋
 〃 軟弱地盤水路内における橋梁下への2次製品U型開水路の布設成瀬龍一郎
 〃 高速道路を受ける建物の補強・解体を含む近接山留め工事岡橋  稔・浦瀬  誠
相樂 敏男・河野 貴穂
 〃 3方向に建物が近接し既存躯体も利用した山留め工事佐野 大作・鮫島 敏見
石丸 達朗
 〃 市街地に位置する既設構造物を利用した地下工事事例岩田 曉洋
 〃 難透水層の判断が難しい地層に根入れした近接山留め事例野田 和政
 〃 既存解体を伴う地下工事での複合遮水壁の事例清水 孝昭・中島 朋宏
川島 幸哲・清水 大和
 〃 地盤改良を構造体とした軟弱地盤での合理的な立坑計画と施工坂梨 利男・妻木 良憲
寄 稿COPITA型プレボーリング杭工法のソイルセメント強度データの蓄積に基づく杭周固定液の標準的な配合仕様の提案細田 光美
連載企画けんせつ小町便り 第39回甲斐 三穂
工法紹介振動・液状化対策WIB工法®/E&Dテクノデザイン(株)

〈編集趣旨〉
 建設物の設計段階や施工段階において実現可能な計画をする上で,地盤条件,地下水条件,地形条件,周辺環境条件,交差条件などさまざまな条件を考慮しなければならないわけであるが,時に,特殊な条件があるがゆえに難易度が格段に上がって計画上で制約を受け,さまざまな工夫が必要になる場合がある。このような特殊な条件は,できれば避けられれば良いのであるが,事情によって避けられない場合もある。こういった特殊条件下においても,事業を実現するために技術を駆使しながら克服してきている。
 基礎構造物,土構造,土留め・山留め,地下構造物,地盤改良等さまざまなものでこのような特殊な条件に直面するわけであるが,本企画では,「難しい条件下」シリーズ第一弾の『構造物基礎』に続き,第二弾として難しい条件下での山留め・開削工事に関して計画上の留意点や実際の事例を取り上げて紹介し,今後に類似課題が生じた場合の参考になるものとしてまとめる。


 2019年4月号 

特集

道路・線路下横断構造物

表紙画像

総括編集  舘山・田島 両委員

立ち読みをする

ご注文はこちらから   デジタル版のご注文はこちらから
クリック             クリック
巻頭言立体交差トンネルの技術の発展に見る知の創造と共有化長山 喜則
総 説線路下横断構造物の計画・設計・施工における留意点岡野 法之・仲山 貴司
 〃 道路下横断構造物の計画・設計・施工における留意点藤岡 一頼
各 論エレメント推進けん引工法の種類と特徴清水  満
 〃 函体推進けん引工法の種類と特質丸田 新市
 〃 開削工法の種類と特質および立体交差トンネルの施工条件丸子 文之・中谷 紘也
〈エレメント推進けん引工法〉
報 文ターミナル駅構内で線路下横断地下通路を構築
 ―HEP & JES工法―
新井  誠
 〃 営業中の地下街直下における建物間のトンネル施工の事例
 ―URT工法―
前田 壮亮・鶴窪 誠司
 〃 中央本線大月バイパスにおけるPC横締めを併用した線路下横断工事
 ―JES工法―
本田  諭
 〃 圏央道桶川北本地区函渠その1工事における大断面トンネルの施工事例
 ―ハーモニカ工法マルチタイプ―
片桐 年弥・麻  泰宏
谷口  敦
 〃 市川都市計画道路と京成本線の立体交差事業
 ―PCR工法―
源  靖匡
 〃 パイプルーフの補助工法を用いた主要国道直下の排水路布設工事坪田 雅秀・石塚 千司
〈函体推進けん引工法〉
報 文鉄道踏切(8線区間)立体交差化のためのアンダーパス化技術
 ―フロンテジャッキング工法―
抜井 崇介
 〃 函体推進・けん引工事における箱形ルーフに関する新たな試み
 ―R&C工法線路下横断工事:新安原Bv,愛発Bv―
近藤 政弘・金井 雄太
堀江 厚平・中村 智哉
 〃 近鉄名古屋線下の道路函体施工
 ―R&C+ESA工法―
田中 宏治
 〃 都市部の地下連絡通路を矩形推進で施工した事例(東京ミッドタウン日比谷)
 ―R-SWING工法―
上木 泰裕
 〃 東北自動車道豊地地区函渠工事における超低土被り事例
 ―SFT工法―
川嶋 英介
 〃 JR九州鹿児島本線線路下横断工事事例
 ―SFT工法―
中村  祐・石黒 秀嗣
 〃 線路下大土かぶり下での水路ボックスの施工
 ―COMPASS工法―
西村 知晃・唐戸 裕二
 〃 障害物(土留め擁壁)を切削しての線路下横断事例
 ―日豊本線西大分駅構内―
余傳 直之・黒木 悠輔
〈開削工法,補助工法〉
報 文工事桁方式の施工例
 ―恋ヶ窪アンダーパス―
管  義幸
 〃 軟弱地盤・超短時間線閉間合い条件下における工事桁工法
 ―柏尾戸塚線の東海道本線戸塚駅付近こ道橋施工事例―
石松 信哉・樫内 雅章
 〃 線路下横断工における地下水対策
 ―エコリチャージ工法―
小泉 秀之・柳  博文
桑原  清
連載企画けんせつ小町便り 第40回西戸 理紗
連 載次世代へ伝えたい私の思い 第31回
 マニュアルを鵜呑みにせず納得するまで考えよう
右城  猛
新刊紹介建設技術者を目指す人のための防災工学/(株)コロナ社
TOPIC技術報告会を開催/NPO住宅地盤品質協会

〈編集趣旨〉
 近年,特に都市部では,踏切除去を目的とした立体交差化事業や環状道路の整備などに伴い供用中の鉄道や道路直下の地盤を横断して構造物を造る事例が増えております。このような工事では,作業時間や施工中に許容される変位,施工スペースなどが制限される場合が多く,難易度が高い工事となることから,工期短縮,低変位,低土被り,省スペースなどを特徴とした様々な工法が開発されております。
 そこで本特集号では,鉄道や道路直下を横断する構造物の調査・設計・施工について特集いたしました。総論・各論では,小口径エレメント推進工法,函体推進工法,開削工法などにグルーピングし,それぞれの特徴や調査・設計・施工の留意点を述べて頂きました。また報文では,厳しい施工条件に対して工夫された事例,補助工法との組み合わせで問題を解決した事例などについてご紹介頂きました。いずれも実務に精通された方々にご執筆頂きましたので,必ずや同様の工事を計画されている皆様の参考になることを確信いたしております。


 2019年5月号 

特集

東名全通50年
〜ダブルネットワークの
完成へ〜

表紙画像

総括編集  横田 聖哉 委員

立ち読みをする

ご注文はこちらから   デジタル版のご注文はこちらから
クリック             クリック
グラビア東名高速道路全線開通50周年 〜ダブルネットワークの完成へ〜
巻頭言東名高速道路の全通50周年にあたって源島 良一
総 説東名高速道路が果たしてきた役割松井 保幸
各 論東名高速道路のリニューアルプロジェクト湯川 保之
 〃 新東名高速道路 厚木南IC〜御殿場JCTの建設概要前川 利聡
 〃 東名高速道路の土工技術三嶋 信雄
 〃 東名高速道路ののり面技術奥園 誠之
 〃 東名高速道路の軟弱地盤技術栗原 則夫
 〃 東名から新東名高速道路の橋梁技術長田 光司
報 文日本坂トンネル火災事故とその後の対応山﨑 哲也
 〃 駿河湾地震による牧之原地区盛土崩壊岩吹 啓史
 〃 東名本宿地区旧タイプアンカーの健全性評価とその対応山崎  充・中井 義政
 〃 供用50年を迎えた切土のり面の風化の実態と安定度評価永田 政司・藤原  優
菊本  統
 〃 東名・新東名高速道路におけるスマートICの整備状況松枝 真吾
 〃 東名高速道路日本平久能山スマートインターチェンジの施工状況桐ヶ谷 大
 〃 東名高速道路鮎沢地区土石流災害対策中島 康介・中島 賢治
坪井 俊吾・池田 達哉
 〃 横浜環状北西線東名高速道路接続部における橋脚基礎の設計・施工前川  敦
 〃 大和トンネル拡幅工事中  俊喜
 〃 由比海岸越波対策坂田 明義・野口 哲史
 〃 新東名高速道路伊勢原JCT工事横山 泰之
 〃 地下水保全を考慮した新東名高速道路羽根トンネル施工山邉 恵太
 〃 新東名高速道路秦野インターチェンジにおける関東ロームを用いた盛土の設計・施工西田 匡志
 〃 新東名高速道路河内川橋(仮称)の基礎構造における合理化施工萩原 直樹
 〃 新東名高速道路川西工事
 ―砕石場跡地での高盛土工事―
唐澤  剛
 〃 特殊地山(スコリア)での土工・トンネル工事丸山 大輔
 〃 新東名高速道路御殿場ジャンクションの溶岩層でのケーシングロック対策山田 浩之
 〃 新東名切土のり面の動態観測によるリスク管理渡邊 哲也
 〃 新東名高速道路 高盛土・大規模盛土への挑戦中村 洋丈
連載企画けんせつ小町便り 第41回高畠智佳子
TOPICLP-LiC,LP-SoC工法ワークショップ開催/木材活用地盤対策研究会

〈編集趣旨〉
 東名高速道路(以下「東名」)は1969年5月26日に大井松田〜御殿場間26kmが開通し,東京から小牧までの347kmが全線開通した。東名の事業費は約3,400億円で,そのうち約3割は世界銀行からの融資で建設された。東名が通過する1都3県(42市町)は,日本の人口の約3割が居住し,国内総生産の約3割を占めるなど,経済活動の多くを担っている。また,東名の一日の交通量は約41万台(2017年)と全国でも有数の重交通路線となっている。
 一方,東名の慢性的な渋滞対策および災害時のリダンダンシーの確保などを期待して新東名高速道路の建設がすすめられている。2012年には静岡県で初の開通を迎え,2016年に愛知県でも開通し,現在は最後の御殿場JCTから伊勢原JCTまでの区間が工事の最盛期を迎えつつある。
 本特集号では,全通から50年を迎えた東名が多の困難を乗り越え,今日まで果たした社会的・技術的な役割について改めて振り返るとともに,現在展開されているリニューアル工事および新東名建設区間における工事事例について紹介する。


 2019年6月号 

特集

最近の土壌汚染対策技術
―法律の一部改正と全面施行―

表紙画像

総括編集  三反畑 勇 委員

立ち読みをする

ご注文はこちらから   デジタル版のご注文はこちらから
クリック             クリック
巻頭言土壌汚染対策について細見 正明
総 説法改正等を踏まえ,自然由来物質を含む土への対応を考える勝見  武
各 論今後の土壌汚染対策の在り方
 ―土対法改正の概要―
阪本 廣行
 〃 水循環モデルを利用した土壌・地下水汚染の解析と課題登坂 博行
 〃 東京都の土壌汚染対策制度の見直しの概要名取 雄太・矢野 明子
 〃 公共工事における自然由来重金属等含有土への対応品川 俊介
 〃 土壌・地下水汚染調査の現状と留意点門間 聖子
 〃 土壌汚染の裁判例と紛争予防赤津加奈美
〈リスク評価,調査,予測,モニタリングなど〉
報 文土壌・地下水のリスク評価事例
 ―地圏環境リスク評価システム(GERAS)―
駒井  武
 〃 沖縄県米軍基地環境調査ガイドライン中島  誠
 〃 ダイレクトセンシングによる高濃度地点の特定事例遠藤 康仁・田中 保孝
高木 一成
 〃 油分の原位置微生物浄化・予測・モニタリング・孔内油層簡易回収技術の紹介打木 弘一
 〃 トンネル工事での自然由来重金属等の事前調査と検討例熱田 真一・太田 岳洋
 〃 流域モデリング技術を活用した地下水汚染の実態把握と対策効果予測の実施例田原 康博
〈不溶化(原位置,埋戻し),封じ込め(遮水,遮断)〉
報 文ソイルベントナイト鉛直遮水壁による施工
 ―エコクレイウォールⅡ工法―
宇梶  伸・荒木  豪
〈原位置浄化(抽出,洗浄,分解など)〉
報 文最新の原位置およびオンサイト浄化技術
 ―マルチバリア工法・土壌洗浄工法―
金子 伯男・中平  淳
島田 曜輔
 〃 ふっ素汚染土壌の溶媒洗浄による浄化事例森脇 涼介・秦  浩司
中舘  健・武島 俊達
〈原位置浄化(生物的)〉
報 文VOC地下水のバイオレメディエーションの事例篠原 智志・伊藤圭二郎
 〃 持続可能性を考慮した土壌汚染対策へ
 グリーン・サステナブル・レジリエント・レメディエーション
保高 徹生
 〃 バイオスティミュレーションの設計・施工上の留意点鈴木 圭一
 〃 揮発性有機塩素化合物を対象とする大豆ホエーを用いたバイオレメディエーション技術田中 宏幸・芦田  茂
〈自然由来重金属対策,その他〉
報 文東京メトロ東西線南砂町駅改良工事の土壌汚染対策岡田 龍二・福田 隆二
津田 由治・近藤 達也
 〃 自然由来重金属含有土壌に対する乾式磁力選別処理の実施例吉  俊輔
 〃 鉄粉洗浄磁気分離技術を用いた泥水シールド工事での自然由来重金属対策石神 大輔・伊藤圭二郎
川端 淳一
 〃 北海道における自然由来重金属等への対応と対策田本 修一
 〃 汚染土壌管理票の電子化による一元管理システムの開発田邉 康太・大村 啓介
連載企画けんせつ小町便り 第42回渕山 美怜
新工法紹介ダイナ・メガ・プレス工法/ダイナ・メガ・プレス工法協会

〈編集趣旨〉
 土壌汚染対策法(平成14年法律第53号)の2回目の大きな改正が,平成29年5月に公布され,中央環境審議会の第二次答申(今後の土壌汚染対策の在り方について)を踏まえて今年4月に全面施行されました。また,実務を実施する際の参考となる手引きとして環境省が公表している「土壌汚染対策法ガイドライン」も3月に改定されています。
 そこで今回の特集号では,まず土対法改正の要点を紹介するとともに土壌・地下水汚染の調査・対策等の現状と課題や紛争の予防などについても論じていただきました。そして,最近の土壌汚染対策についてリスク評価,調査,予測,モニタリング,不溶化,封じ込め,原位置浄化,自然由来重金属対策といった切り口で多様な事例を取り上げています。本特集号が法改正の理解と効果的な土壌汚染対策の実施に役立ち,さらには新たな技術開発等へとつながることを期待します。


 2019年7月号 

特集

基礎設計のための
地盤調査・試験の最前線

表紙画像

総括編集  青木・岩﨑 両委員

立ち読みをする

ご注文はこちらから   デジタル版のご注文はこちらから
クリック             クリック
巻頭言医療診断と地盤調査大谷  順
総 説原位置・室内試験で地盤の強度・変形特性を評価する際のキーワードと基礎設計への適用上の留意点古関 潤一
各 論建築基礎設計のための地盤評価畑中 宗憲
 〃 道路橋基礎の設計と地盤調査七澤 利明
 〃 鉄道構造物基礎設計における調査・試験法の最近の動向西岡 英俊・佐名川太亮
神田 政幸
 〃 港湾の施設の設計における地盤調査・試験法の活用と調査結果の取扱い水谷 崇亮・森川 嘉之
 〃 小規模建築物基礎設計のための地盤調査・試験法の最近の動向高田  徹
 〃 耐震設計・動的解析のための地盤調査・試験法の最近の動向吉田  望
 〃 液状化の判定と解析・設計のための地盤調査・試験法の最近の動向清田  隆
 〃 海外の基礎設計のための地盤調査・基準の最近の動向末政 直晃・酒井  豪
 〃 海外の基礎設計のための土質試験基準の最近の動向豊田 浩史・木幡 行宏
安田 智広
報 文しらす地盤における地盤調査と試験の適用事例高田  誠
 〃 泥炭地盤における地盤調査と試験の適用事例林  宏親
 〃 岩盤を支持層とする杭基礎の地盤調査法に関する共同研究結果の紹介吉田 英二・今  広人
谷本 俊輔・柳浦 良行
浅井 健一
 〃 砂礫地盤における直接基礎の地盤調査と試験の適用事例佐名川太亮・山崎 貴之
曽我 大介・西岡 英俊
 〃 脆弱岩・風化岩などにおける橋梁下部工の沈下対策のための調査事例宮部 光貴・小保田剛規
上東  泰
 〃 軟弱地盤上におけるパイルド・ラフト基礎の地盤調査と沈下の評価事例濱田 純次・山下  清
田屋 裕司・池田 英美
 〃 建築基礎における支持層の不陸・傾斜に着目した地盤調査
 ―MWD検層とその適用事例―
武居幸次郎
 〃 動的サウンディングによる液状化の判定と設計への適用事例澤田 俊一
 〃 静的サウンディングによる液状化の判定と設計への適用事例末政 直晃・田中  剛
内山 雅紀・前田 裕介
 〃 CPTによる地盤パラメーターの設定方法田中 洋行
 〃 動的サウンディングによる地盤パラメータの設定方法利藤 房男
 〃 小規規模建築物における最近の地盤調査・土質試験などによる地盤評価渡辺 佳勝
 〃 最近の海外における地盤解析と設計事例折原 敬二
 〃 小規模建築物を対象とした孔内載荷試験による圧密降伏応力の評価事例柳浦 良行・武政  学
吉丸 哲司・小林 陵平
青山 翔吾
 〃 ため池の耐震性評価のための地盤調査と試験方法の事例デュッティン・アントワン
龍岡 文夫
 〃 機械脱水処理土で構築した堤体に対する表面波探査とRI-CPTの適用事例根木 貴史・南  正治
樋口  晃・川野 泰広
森  晴夫・片桐 雅明
中野  瞳
 〃 孔内載荷による簡易支持力試験大武 博史・瀧内 義男
武政  学・柳浦 良行
コラム最近のサンプリング事情利藤 房男
 〃 最近のサウンディング事情大島 昭彦
連 載次世代へ伝えたい私の思い 第32回
 住宅業界での変革から,今後の地盤業界について考える
西山 祐幸
連載企画けんせつ小町便り 第43回松蔭 香織
新刊紹介高速道路の土工技術史/(公財)高速道路調査会

〈編集趣旨〉
 基礎の設計に用いる地盤物性値は,基礎の安定や変形の評価に直接関わり,基礎形式や諸元に及ぼす影響が大きいと考えられます。地盤調査・試験の方法は各種あり,適材適所で実施し,その結果を適切に評価して地盤物性値を決定しなければなりません。また,基礎の施工においても適宜地盤調査を実施し,その結果を反映して施工及び施工管理を実施しなければなりません。
 基礎の設計・施工に関わる地盤調査方法及び試験方法は,従来から実施されている汎用性の高い方法から,それを改良した方法,さらに新しい試験方法などが開発されていますが,これらの適用事例を含めて特集した企画は久しく実施されていません。本特集号では,基礎の設計・施工に直接関わる地盤物性値を決定するための基となる地盤調査・試験方法の最近の趨勢および利活用の最前線などを紹介するものであります。


 2019年8月号 

特集

基礎の載荷試験

表紙画像

総括編集  井上 昭生 委員

立ち読みをする

ご注文はこちらから   デジタル版のご注文はこちらから
クリック             クリック
巻頭言杭の載荷試験事始め桑原 文夫
総 説基礎の載荷試験の変遷と動向青木一二三
各 論杭の載荷試験の特徴と適用性山下 久男
 〃 杭の鉛直載荷試験方法に関する地盤工学会基準改訂の動向菊池 喜昭
 〃 平板載荷実験の実施例と荷重沈下曲線のモデル化藤井  直・小宅 知行
倉知 禎直・大内 正敏
 〃 ニューマチックケーソンの平板載荷試験の計画と支持力評価阿部慎太郎・鈴木 忠勝
中山 浩司・矢野  勉
報 文岩盤を支持層とする杭基礎における急速載荷試験の適用性の検討吉田 英二・今  広人
七澤 利明
 〃 東京港新客船ふ頭の大口径鋼管杭の載荷試験長山 英樹・宮司 剛志
亀井 秀一・小林  剛
 〃 川崎港臨港道路東扇島水江町線で実施した杭の試験施工および急速載荷試験結果の設計・施工への反映齊藤  泰・佐野  透
水谷 崇亮
 〃 先端羽根付き鋼管杭の偶力載荷試験の事例紹介中澤 公博・和田 昌敏
西岡 英俊・清水 克将
日下 裕貴
 〃 鉄道構造物に用いるジャイロプレス工法の設計鉛直支持力木村 育正・鈴木 直樹
佐名川太亮・西岡 英俊
 〃 杭施工直後に行う簡易な急速載荷試験中西 義隆・兼平 雄吉
中里 彰人
 〃 ナイル川源流橋基礎杭の鉛直載荷試験(ウガンダ)石川 正己・髙野 公作
 〃 場所打ち杭の静的載荷試験
 ―インドネシア・ジャカルタ―
一本松 努・稲積 一訓
嶋田 洋一・山口 貴志
 〃 ジャカルタMRTにおけるプレボーリング工法による既製コンクリート杭の打設と載荷試験嶋田 洋一・中村 直人
新倉 一郎・大井 隆平
 〃 載荷試験結果に基づき短尺摩擦群杭基礎に支持させた低層建物冨安 祐貴・鈴木 直子
佐原  守
 〃 新工法によるホーム支持杭の性能確認実験
 ―e-コラム杭の載荷実験―
村上 賢治・渡邉 康司
山本 忠久・鈴木  剛
 〃 バイブロハンマ打込み杭の押込み試験と支持力特性に関する検討北村 卓也・高橋 洋敬
相和 明男・辰見 夕一
 〃 遠隔操作地耐力試験装置によるニューマチックケーソンの平板載荷試験宮原 正充・山口  健
 〃 トリクレーターによる簡易地耐力調査法吉田  輝・川野 健一
池尻  健
 〃 排土杭の鉛直載荷試験に対するFEM予測解析寺本俊太郎
 〃 シートパイル補強工法に適用する鋼矢板の鉛直支持力性能評価戸田 和秀・及川  森
佐名川太亮・喜多 直之
連載企画けんせつ小町便り 第44回森川 純子
新工法紹介Lev-Pile構法/三谷セキサン(株)
新機種紹介クローラクレーン『SCX550-3』を発売/住友重機械建機クレーン(株)
インフォメーション鉄道総研技術フォーラム2019開催のご案内
 「鉄道の安全・安心を創るメンテナンス〜デジタル技術と高度アナログ技術〜」

〈編集趣旨〉
 基礎の載荷試験は,設計上必要とされる支持力や変形特性といった性能を満足しているかどうかを確認する重要なイベントである。しかしながら,試験費用等の事情により,杭基礎を除く一般的な基礎においてはわが国ではほとんど行われてこなかった。一方,鉄道関係に引き続き,平成29年に改定された道路橋示方書・同解説でも,基礎を含めた橋全体の要求性能をより明確にして,その性能を満足するように設計することが求められるようになった。また新形式や新技術・工法についても積極的に採用する姿勢が示されたことにより,各種基礎の載荷試験が今後多用されるものと考えられる。
 載荷試験は,構造物基礎の安全性や経済性,より合理的な設計法の策定・確立に貢献するものと確信している。このため,本特集では,最近の基礎の載荷試験の事例を収集した。類似の載荷試験計画時の参考として活用いただければ幸いである。





All Rights Reserved, Copyright Sougou Doboku Kenkyusho. Co.,Ltd.