• 企業理念
  • 会社概要
  • 月刊基礎工
    • 定期購読申込書
    • バックナンバーのご案内
    • バックナンバー(デジタルブック)
    • 特集主題一覧
    • 原稿執筆について
    • アンケートご協力のお願い
  • 刊行物案内
  • 技術講習会・プロ養成講座
    • 講習会・養成講座レポート
  • リンク
  • 月刊基礎工 バックナンバー・デジタルブック閲覧サービス
  • デジタル雑誌「基礎工」
  • 土工・基礎工用語辞典 デジタルブック閲覧サービス
 
バックナンバー
 

月刊基礎工 バックナンバーのご案内

2016年 (クリックすると目次が表示されます)
1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号


その他の年の目次ページ
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年
2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年
2000年 1999年



 2016年1月号 

特集

世界の長大橋梁の基礎

表紙画像

総括編集  大谷・井上両委員

立ち読みをする

ご注文はこちらから    デジタル版のご注文はこちらから
クリック             クリック
巻頭言長大橋の基礎塩井 幸武
総 説長大橋基礎と基礎形式の変遷加島  聰
各 論都市間高速道路における長大橋の基礎形式紫桃孝一郎
首都高速道路における長大橋の基礎寺島 善宏
阪神高速道路湾岸線の基礎形式と長大橋の基礎構造金治 英貞・安藤 高士
本州四国連絡橋の基礎の概要と技術の変遷大谷 康史
次世代長大橋基礎形式の展望増井 直樹・伊藤 政人
齋藤  隆・粕谷 悠紀
報 文名港西大橋U期線の基礎
 ―ヘリウム混合ガスを用いた無人掘削工法の開発―
宮内 秀敏
レインボーブリッジ基礎地盤の変形特性と
下部工などの設計施工
寺島 善宏
東神戸大橋の基礎の設計と施工金治 英貞・篠原 聖二
明石海峡大橋の主塔基礎福永  勧
白鳥大橋の基礎
 ―地中連続壁併用逆巻剛体基礎―
国土交通省北海道開発局
室蘭開発建設部室蘭道路事務所
小名浜港東港地区臨港道路(橋梁)の基礎木本  仁
東京ゲートブリッジの基礎桐原憲一郎
新湊大橋の概要と基礎工森  弘継
川崎港臨港道路東扇島水江町線主橋梁部の基礎安原  晃・作中淳一郎
新井 伸博・豊島 孝之
女神大橋の基礎
 ―2P基礎における岩盤掘削の自動化への挑戦―
田口  浩
ベトナム・バイチャイ橋の基礎若原 敏裕・中村 智樹
ニャッタン橋
 ―日越友好橋―の鋼管矢板基礎
山地  斉・柳瀬  進
安達  剛・近藤 慎也
リオン・アンティリオン橋の基礎緒方 純二
トルコ・イズミット湾横断橋の基礎川上 剛司・井上  学
山本 義人・谷澤 次康
資 料『基礎工』Vol. 1・No.1(1973. 6)〜Vol. 43・No.12(2015. 12)に見る長大橋基礎関連文献一覧井上 昭生
寄 稿杭基礎設計便覧および杭基礎施工便覧改定のねらい七澤 利明
杭基礎設計便覧「U.調査」の改定谷本 俊輔
杭基礎設計便覧「V.設計」の改定河野 哲也・田辺 晶規
杭基礎施工便覧の改定西田 秀明
連載企画けんせつ小町便り 第1回副島 紀代
連載講座地盤工学・技術ノート
第31回 盛土の地震時残留すべり計算⑪
龍岡 文夫
デュッテイン・アントワン
矢崎 澄雄・毛利 栄征
上野 和広

〈編集趣旨〉
 日本の長大橋の歴史は1962年の若戸大橋の開通に始まったといえます。その後,関門橋,本州四国連絡橋,名港三橋,首都高速・阪神高速の湾岸線長大橋,白鳥大橋等の開通が続きました。これらの長大橋の基礎構造は,初期においてヨーロッパやアメリカ等の既存技術の応用から始まり,その後,設置ケーソン工法など日本独自の技術開発も行われました。20世紀の長大橋の主な基礎形式としては,地震時等に大きな反力を受けることから直接基礎やケーソン基礎,杭基礎が多用されてきました。一方,21世紀に入って,ギリシャのリオン・アンティリオン橋やトルコのイズミット橋のようにパイル ドファウンデーション基礎という斬新な技術も活用されてきています。
 日本の長大橋の夜明けからほぼ半世紀が経過した今,特集として国内,海外の長大橋等の基礎の設計・施工法について取りまとめることにしました。巻末には,基礎工の40年を超える文献からの関連文献一覧も掲載しています。本特集号が,読者の方々の業務の参考に,また橋梁に関心を持つ一助になれば幸いです。


 2016年2月号 

特集

東日本大震災からの復旧・復興(その3)
―建築・住宅・宅地―

表紙画像

総括編集  菊池・三反畑・渡辺 各委員

立ち読みをする

ご注文はこちらから    デジタル版のご注文はこちらから
クリック             クリック
巻頭言東北復興の現状〜集中復興期間から復興・創生期間へ〜内海 英一
総 説復興まちづくりに関するこれまでの取組みと課題および今後の展望田中 成興
総 説災害公営住宅の供給に向けた取組みと現状国土交通省 住宅局
住宅総合整備課
各 論岩手県の住宅復興の現状勝又 賢人
宮城県における復興まちづくりの現状櫻井 雅之
福島県復興の現状
 ―「ふくしまの未来を拓く県土づくりプラン」の5つの重点政策の取組状況―
大河原 聡
UR都市機構の復興支援近藤 晃次
東日本大震災で被災した宅地の復旧・復興方法の特徴安田  進
報 文復興まちづくり事例:宮古市田老地区去石 一良・青木 信一
復興まちづくり事例:釜石市鵜住居地区佐々木義友・藤原 広志
復興まちづくり事例:陸前高田市犬童 伸広・阿部  勝
高橋 宏紀
復興まちづくり事例:気仙沼市
 ―戻りたくなるまちを目指して―
春野 正成・佐々木 守
復興まちづくり事例:南三陸町松本  悟・小原田満男
復興まちづくり事例:石巻市新門脇地区松原 弘明
復興まちづくり事例:東松島市森  祐樹・亀山  隆
復興住宅事例:岩手県大槌町大ケ口一丁目町営住宅小山 茂彦
復興住宅事例:岩手県釜石市花露辺地区三浦 康男・萩野谷陽子
復興住宅事例:宮城県多賀城市桜木地区千葉 一紀・永島 達矢
復興住宅事例:宮城県女川町民陸上競技場跡地地区今村  等・佐藤  亮
復興住宅事例:福島県桑折町桑折駅前地区鈴木 清志・望月 浩史
岩手県震災復興公営住宅の状況と基礎・地盤浅田  豊・菅野  優
三浦 寛基・小倉 健資
宮城県震災復興公営住宅の状況と基礎・地盤村瀬 広導
福島県復興公営住宅の状況と基礎・地盤木村  匡
プレキャスト工法を積極的に採用した復興住宅事例紹介秋重 博之
宅地造成地の被害と復旧対策佐藤 真吾
宅地の大規模盛土被害と液状化対策:東海村の事例東海村南台・緑ヶ丘
災害復興対策検討委員会
宅地の液状化対策:神栖市の事例橋本 隆雄
丸太を用いた液状化対策工水谷 羊介
格子状連壁による戸建住宅の液状化対策事例「GRID WALL工法」小川 正宏・真島 正人
丸岡 敏明・渡会  護
狭隘地に適用可能な地盤改良工法の開発
 ―Minyマルチ工法,Minyコラム工法―
川西 敦士・太田 光貴
山内 崇寛
宅地の液状化判定のための地盤調査方法大島 昭彦
連載企画けんせつ小町便り 第2回原  恵子
連載講座地盤工学・技術ノート
第32回 盛土の地震時残留すべり計算⑫
龍岡 文夫
デュッテイン・アントワン
矢崎 澄雄・毛利 栄征
上野 和広
新刊紹介住宅地盤の調査・施工に関わる技術基準書(第3版)/住宅地盤品質協会
TOPIC地優連じゆうれんが「保証料不要の地盤品質保証制度」説明会を開催/
(一社)地盤優良事業者連合会

〈編集趣旨〉
 東日本大震災から5年が経過いたしました。本誌の特集「東日本大震災からの復旧・復興」シリーズも昨年7月号(その1―道路,鉄道,港湾,空港),昨年9月号(その2―がれき処理,環境対策)に続く第三弾として(その3―建築,住宅,宅地)として主に建築系インフラ整備についての特集を企画いたしました。生活の基盤である住宅再建と復興まちづくりは,復興の要でありますが,現状としては,高台移転は99%が着手され,災害公営住宅も94%が着手され,復興が力強く進捗している状況が伺えます。平成28年は,復興計画では平成27年度までの5年間が「集中復興期間」,平成28年度以降が「復興・創生期間」とされており,今後はインフラや住宅の再建に代表されるハードウェアから,産業の再生や健康・生活支援のソフトウェアの充実に向けて,大きく転換される時期となっております。この節目に当たる時期に,まちづくりに代表される「宅地地盤の面整備」と,住宅再建としての「震災復興住宅」の状況をまとめる事は,今後も起こりえる巨大災害に対しての備えで有ると共に,地方創世の今後の指標としても大きな意味があるものと考えます。


 2016年3月号 

特集

場所打ちコンクリート杭の品質管理

表紙画像

総括編集  桑原副委員長・青木委員

立ち読みをする

ご注文はこちらから    デジタル版のご注文はこちらから
クリック             クリック
巻頭言場所打ち杭の品質管理海野 隆哉
総 説場所打ち杭の品質管理の動向七澤 利明
各 論先端支持力の性能確保のための支持層確認武居幸次郎
アースドリル杭の安定液管理宮本 和徹
スライム処理方法とスライム量の関係田中 昌史
拡底杭の施工管理の留意点中西 義隆・小座間琢也
山下 大蔵
新井 マウリシオ淳
杭の塑性変形性能を保証する鉄筋かごの製作・建込み矢田 哲也
杭頭部の品質トラブルの実態と防止策野田 和政・温品 秀夫
菅野 光寿
既存杭と干渉する位置における場所打ちコンクリート杭施工の留意点崎浜 博史・宮田 勝利
川幡 栄治
2つの資格の統合とピンチをチャンスに変える動き
 ―基礎施工士の役割と今後の展望―
木村  亮
海外における品質基準と施工管理一本松 努・川口  康
古荘伸一郎
報 文安定液の品質管理方法須藤 敏巳・高橋恵美子
逸水または崩壊しやすい土層における施工管理事例阿曽  忍
新拡底杭向け噴射式スライム処理工法の性能評価と施工プロセスの見える化野村 光寛・西尾 慧太
辻  宗克
無溶接鉄筋かご試験施工の事例と無溶接工法の開発矢田 哲也
狭隘かつ空頭制限箇所の鉄筋かごの建込みにおける工夫事例岩佐 和史・松田 久嗣
今井 康幸
バイブレータトレミー工法におけるコンクリート打設確認荻田 成也・秦  義典
西原 博美
高強度コンクリート(Fc45N/o2)の打込み事例山田 正毅・宮本 和徹
落合 利行
極軟弱地盤におけるコンクリートのはらみ出しによる杭体不良を防止した工夫事例豊島  徹・松本 真吾
新潟駅付近高架化工事における場所打ち杭の品質・施工管理竹谷  勉・小山 幸寛
藤原寅士良
タブレット端末を用いたフジタ式アースドリル杭工法の施工管理システム岸下 崇裕
コラムその施工がトラブルを招く桑原 文夫
その施工が杭の品質低下を招く青木一二三
連載企画けんせつ小町便り 第3回齋藤 玲美
連載講座地盤工学・技術ノート
第33回 盛土の地震時残留すべり計算⑬
龍岡 文夫
デュッテイン・アントワン
矢崎 澄雄・毛利 栄征
上野 和広
新機種紹介ハイラインプルシリーズ第3弾「800HLX」を発売/日立住友重機械建機クレーン
TOPIC地盤工学会・基礎杭工事問題に対する中間提言/(公社)地盤工学会
第7回パイルフォーラム技術交流会
「最近分かってきた杭の耐震性特に2次設計に向けて」を開催/パイルフォーラム(株)
追悼吉成元伸先生のご逝去を悼む

〈編集趣旨〉
 場所打ちコンクリート杭は各種の杭基礎の中でも原位置における施工に依存する割合が多い杭であり,発生するトラブルの種類も多く,施工における品質管理が重要な杭であります。トラブルを回避するためには,企画・設計の段階から施工,供用に至るまで,多くの見地から各種の対処・対策が必要となります。今月の特集号は,場所打ちコンクリート杭の設計・施工の各段階における留意すべきポイント,トラブルを未然に防ぐために有効な施工管理などについて,実用上役に立つ情報を提供いたします。


 2016年4月号 

特集

多様化する軟弱地盤改良技術

表紙画像

総括編集  片桐 雅明 委員

立ち読みをする

ご注文はこちらから    デジタル版のご注文はこちらから
クリック             クリック
巻頭言多様化する軟弱地盤改良技術嘉門 雅史
総 説軟弱地盤改良技術の変遷と展望北詰 昌樹
各 論圧密工法の動向
 ―バーチカルドレーン工法とプレローディング工法
大島 昭彦
真空圧密工法の概要と動向土田  孝・三反畑 勇
サンドコンパクションパイル工法の動向森川 嘉之
仕様施工から性能施工へ田中 洋行・田中 政典
報 文圧密工法により11m沈下したカルバートボックス基礎の改良効果稲垣 太浩・中堀千嘉子
高比良 翔
山形盆地に堆積する泥炭性軟弱地盤における気水分離式真空圧密工法の適用高坂 敏明・佐藤 春夫
須藤 隆之・大泉 隆是
真空圧密ドレーン工法の実績と施工事例新舎  博・白神新一郎
新門司沖土砂処分場3工区における嵩上築堤基礎部の地盤改良中道 正人・山口  誠
梅山  崇・徳永  満
松崎 和博・川原  修
片桐 雅明
カルシア改質土による浅場の造成篠崎 晴彦・小杉 知佳
赤司 有三
建築物における静的締固め砂杭工法施工時の変位対策佐藤 希絵・今井 優輝
吉富 宏紀
サンドコンパクションパイル(SCP)工法による締固め地盤の地震時挙動とその評価大林  淳・原田 健二
締固めによる木曽三川下流域堤防基礎耐震化の事例紹介竹内 秀克・久保陽太郎
水硬性スラグコンパクションパイルの概要と適用事例
 ―エコガイアストン―
平嶋  裕・篠崎 晴彦
SCPを利用した石炭灰の埋立処分
 ―碧南火力発電所における事例紹介―
藤井 嵩大・鵜野 雅明
丸太打設液状化対策&カーボンストック(LP-LiC)工法の適用事例沼田 淳紀・松下 克也
ハイスピード工法による液状化軽減対策例宮原 寛幸
サンドドレーン改良地盤上に建設された土構造物の施工管理方法山根 信幸・江村  剛
RI-CPTを用いた羽田D滑走路の施工管理(密度と強度)野口 孝俊
リフューズプレス工法による廃棄物最終処分場の減容化事例池田 通陽・鳴海 直信
小林  眞・仲山  要
神戸空港島における粘土の減容化施工谷口 文彦・折橋 恒春
新舎  博
東京都新海面処分場における粘土の減容化施工小野 正揮・新舎  博
丸岡 弘晃
稼働中の浚渫土砂処分場の受入容量拡大方策としての圧密促進工法の適用例中道 正人・山口  誠
梅山  崇・徳永  満
松崎 和博・川原  修
片桐 雅明
連載企画けんせつ小町便り 第4回加藤麻由奈
連載講座地盤工学・技術ノート
第34回 盛土の地震時残留すべり計算⑭
龍岡 文夫
デュッテイン・アントワン
矢崎 澄雄・毛利 栄征
上野 和広
追 悼故阪口 理先生を偲ぶ(日本住宅公団のころ)

〈編集趣旨〉
 わが国の国土に対する平野の割合が低いため,重要な構造物は軟弱な狭い平野に集中して構築されてきました。そのため,多くの建設工事において軟弱地盤対策が行われ,各種技術が確立され,その技術は適材・適所に使われております。
 最近では,非常に軟弱な地盤や狭い施工範囲,制限された上空での施工など,より厳しい条件での施工も行われております。また,市街地での工事では,振動や騒音などの環境問題や近接施工に対処すべき技術も開発されています。地盤改良に用いる材料も産業廃棄物や産業副産物を利用していく方向にあります。加えて,地盤の改質という地盤改良の本来の目的から,地盤の圧密促進をはかり,スペースを作り出す減容化対策にも使われ始めてきました。このように,軟弱地盤改良技術は,対処しようとする軟弱地盤を改質する施工技術だけでなく,用いる材料,目的が広がってきております。
 このようなことから,本特集号では,置換,圧密・排水,圧縮など,物理的な地盤改良技術に焦点をあてました。本特集が,今後の技術のさらなる発展につながれば幸いです。


 2016年5月号 

特集

進化した橋脚・基礎の耐震補強

表紙画像

総括編集  鈴木 正道 委員

立ち読みをする

ご注文はこちらから    デジタル版のご注文はこちらから
クリック             クリック
巻頭言難しい環境下での耐震補強に関する新技術への期待大塚 久哲
総 説インフラの耐震補強に求めたい視点秋山 充良
各 論既設橋の耐震性能の評価と耐震補強に関する研究の動向星隈 順一
鉄道橋橋脚・基礎の耐震補強の現状と取組み岡本  大・西岡 英俊
報 文鋼板巻立による橋脚・基礎の各種耐震補強工法吉川  修・岩本  
佐藤 一茂
東京モノレールにおける橋脚基礎の耐震補強(その1)井上美佐男・柏木 一夫
松木  聡・芝田 正則
東京モノレールにおける橋脚基礎(場所打ち杭)の耐震補強(その2)井上美佐男・柏木 一夫
森  隆志
横浜市におけるパイルベント橋脚(鴎橋・磯子橋ほか)の耐震補強菊地 健次・大平 昭典
福村 正義・村瀬 廣恭
ジャイロプレス工法による基礎の補強・補修木村 育正
京王電鉄多摩川橋梁の耐震補強
 ―現地状況に合わせた補強工法選定例―
光森  章・対馬 俊治
西平 宣嗣・清水 竜也
今村 年成
杭基礎耐震補強工法CPR工法の概要と適用事例浦野 和彦・塚越 浩三
佐久間孝夫・万仲  茂
峯岸 淳一
PCウェル―リフレ工法による桜ヶ谷陸橋耐震補強管野 秀喜・福山  勉
高耐力マイクロパイルによる最近の施工事例相良 昌男
かみ合わせ鋼板巻立工法を用いた水中施工による河川内橋脚耐震補強工事久保 昌史
鋼棒挿入工法による無筋橋脚の耐震補強西村 昭彦・西村 隆義
日野 篤志
直線形鋼矢板巻立工法による橋脚の耐震補強齋藤 祐樹・大郷 貴之
土田 大輔
ピア―リフレ工法による鳴瀬奥松島大橋の耐震補強吉田 良勝・米内口幸枝
戸澤  哲・大谷 克之
狭隘な高架橋下で橋脚の耐震補強が可能な「RSPリフトアップ工法」の開発と実用化の事例伊東 宣弘・福山  勉
PCコンファインド工法による百足橋の耐震補強工事岸根 真志・市川 宏之
石田 邦洋
圧入式鋼製パネル仮締切工法(STEP工法)による浦戸大橋の耐震補強窪田  誠
松岡 崇司
鋼製函体を用いた水中仮締切工法(NDR工法)による耐震補強山下  徹
鋼製パネル式仮締切工法(OSC工法)の適用事例浜添光太郎
上空制限下における圧入工法による締切工事木村 育正
新連載次世代へ伝えたい私の思い第1回
 建設工事は地形・地質・地下水との戦いである
杉本 隆男
連載企画けんせつ小町便り 第5回山アかすみ
連載講座地盤工学・技術ノート
第35回 盛土の地震時残留すべり計算⑮
龍岡 文夫
デュッテイン・アントワン
上野 和広・毛利 栄征
矢崎 澄雄
TOPIC地優連じゆうれんが地盤判定システム「地優陣」説明会を開催/地盤優良事業者連合会
新機種紹介大型クローラクレーン「SCX3500-3」を発売/日立住友重機械建機クレーン(株)
追 悼福岡正巳先生を偲ぶ
インフォメーション平成27年度地盤工学会賞受賞者の決定/地盤工学会

〈編集趣旨〉
 近年,道路橋・鉄道橋における既設橋脚の耐震補強が進められており,さらに補強対応が困難な基礎補強についてもその必要性から対応が始まっています。今後は,南海トラフ巨大地震や首都直下地震の逼迫性が指摘されている中,被害想定や対策計画などが検討され,災害から命や暮らしを守るための対策対応が急ピッチで進められることとなります。しかしながら,現状の橋脚・基礎は,施工条件が厳しい場合や従来の耐震補強工法では非常に大規模な工事となってしまう場合など,耐震補強を実施できていない状況も少なくありません。そのため橋梁全体として耐震性を確保する設計及び施工法の選定が重要との考えから,施工性の良い橋脚補強や基礎補強の工法が求められています。
 本特集号では,これら状況を踏まえ,厳しい制約条件に対応できる橋脚・基礎の耐震補強工法について,一部施工するための仮設工法を含め,設計の考え方,新技術と施工事例を紹介しています。本企画が橋脚・基礎の耐震補強を計画・設計される発注者・建設コンサルタント,また工事に従事される方々の一助になれば幸いです。


 2016年6月号 

特集

変貌する斜面災害と対策

表紙画像

総括編集  小島・松尾・岩崎各委員

立ち読みをする

ご注文はこちらから    デジタル版のご注文はこちらから
クリック             クリック
グラビア「震度7」が連続した熊本地震速報
巻頭言土砂災害から命を守るために池谷  浩
総 説近年の斜面災害の特徴と対策石川 芳治
各 論激甚化する土砂災害への対策小竹 利明
土石流災害とその対策水野 秀明
最近のがけ崩れ災害と急傾斜地崩壊対策松下 一樹
最近の地すべり災害と対策工の特徴稲垣  裕
最近の落石対策工の新技術桝谷  浩
深層崩壊に起因する災害と場の予測千木良雅弘
火山斜面災害の特徴とその対策宮縁 育夫
雪崩災害の備えと対策上石  勲
地震による斜面災害と対策に関する課題と展望若井 明彦
道路斜面の危険度評価と対策浅井 健一
鉄道斜面の健全度評価と対策太田 直之
報 文高速道路における土石流の傾向と対策永田 政司・田久  勉
広島の土石流災害とその対策海堀 正博
落石災害箇所における対策事例上野 将司
紀伊半島大水害における大規模土砂災害への対策吉村 元吾
九州地方で発生した深層崩壊とその対策矢ヶ部秀美
御嶽山噴火による土砂災害防止のための緊急対策林 真一郎・草野 慎一
國友  優・藤村 直樹
九州北部豪雨による河道閉塞を伴う柳原地すべりと自動観測システム武末  茂
融雪に伴う地すべり対策事例と交通運用
 ―上信越自動車道香坂地区―
天野 淨行
融雪期に活発化した地すべりに対する調査事例
 ―2009年山形県鶴岡市七五三掛しめかけ地すべり―
中里 裕臣・森  一司
荒川 隆嗣・岸   智
井上 敬資・木下 勝義
地震による斜面災害事例と危険度評価中筋 章人
東海道本線沿線の斜面崩壊とその対策加藤 千典
雪崩災害の事例と対策技術秋山 一弥
連載企画けんせつ小町便り 第6回池田  桂
連載次世代へ伝えたい私の思い第2回
 建設技術者の心意気
平原  勲
連載講座地盤工学・技術ノート
第36回 盛土の地震時残留すべり計算⑯
龍岡 文夫
デュッテイン・アントワン
上野 和広・毛利 栄征
矢崎 澄雄
追 悼福岡正巳先生を偲んで石原 研而

〈編集趣旨〉
 近年,東日本大震災に関わる地震斜面災害,広島豪雨災害,伊豆大島や御嶽山噴火に関わる斜面災害など,生活斜面や道路斜面などにおいて旧来のものと態様が異なるものを含め,多種・多様な災害が発生している。これらの斜面災害の防止は,ますます社会的に重要な課題となってきており,その対策工法(ハードとソフト)の選定には,時代の流れと社会状況に応じて変化も見える。地すべり・土石流・崖くずれ……等多様な斜面災害は,各々メカニズムも異なり,予測技術・対策技術ともに地道な調査研究の積み重ねが必要である。
 本特集では,これらの斜面災害を災害形態別に切り分けて広く取り上げ,それらの対策技術(予測技術を含む)の調査研究成果を踏まえて,専門家に,その現状,最近見られる新たな動向,および今後の課題などを総括的に解説してもらい,併せて現場における具体事例を紹介する。


 2016年7月号 

特集

狭隘箇所での基礎工

表紙画像

総括編集  舘山・桂 両委員

立ち読みをする

ご注文はこちらから    デジタル版のご注文はこちらから
クリック             クリック
巻頭言狭隘空間に挑む技術入江 健二
総 説地下空間における狭隘施工技術と今後の展望並川 賢治
鉄道における狭隘箇所の施工課題と対策技術藤原寅士良・野澤伸一郎
戸建住宅における狭隘施工と課題伊集院 博・佐々木修平
各 論低空頭・狭隘箇所における場所打ち杭の施工機械西尾  章
狭隘箇所における地盤改良
 ―施工と施工機械,含注入―
大西 高明
建築における免震レトロフィットの施工梶波 信一・秋山  稔
報 文既設線路・建物に近接する軌道仮受杭の施工
 ―渋谷再開発における施工事例―
高橋 靖幸・大峰 秀之
井出 進一・小笠原広志
鉄道営業線近接狭隘条件下における場所打ち杭施工事例山本 忠久・渡邉 康司
須藤 敏巳・北出啓一郎
長谷川智仁
ビルに挟まれた狭隘地での全旋回圧入機による大深度下水道人孔の施工沖村 克巳
圏央道桶川第5高架橋における短尺施工機の使用事例
 ―ガンテツパイル―
溝口栄二郎・山路 耕寛
超低空頭な狭隘箇所での基礎工
 ―BCH杭・シートパイル基礎―
神田 政幸
耐震改修工事における狭隘地施工の事例
 ―NSエコパイル工法―
豊福 浩司・勝又 義隆
木原 拓也
簡易な杭打ち架台を用いたホーム柵の施工加藤 精亮・齊木美由紀
田中 誠次
居ながらに既存建物基礎の補強を可能にした高圧噴射撹拌工法
 ―エコタイト―S工法(建築技術性能証明取得)―
辻  直樹・川副 哲史
狭隘地における静的圧入締固め工法による液状化対策新坂 孝志・渡邉 将美
文野 隆行・伊藤 彰浩
スラリー揺動撹拌工法(WILL工法)の小型施工機の開発および近接施工事例島野  嵐・市坪 天士
中馬 忠司
グラウンドアンカー薄型台座の開発・使用による狭隘施工の効率化橋本  勇・山下 善幸
狭隘箇所での地山補強材擁壁補強
 ―ロータスアンカー―
別府 正顕・中島  進
田村 幸彦
前・後方かつ空頭に制約がある狭隘空間でのTRDソイルセメント土留め止水壁工事木下 文男
大深度刃口推進工事に伴う立坑内ステージ注入佐藤  潤・土屋 幸弘
山陽新幹線トンネル路盤支持杭の施工藤井 哲也・金舛 能史
JRゲートタワーにおける透し掘り連続壁工の計画と施工齋藤 力哉・渡辺 典男
スリムケーソン工法による狭隘地での橋脚基礎施工大村 光明・坂爪  誠
久野  元・並木 智和
都市狭隘部における大深度ニューマチックケーソンの施工小滝 勝美・上村  稔
既存直接基礎建物の基礎免震改修事例田屋 裕司・杉内 章浩
鈴木 裕史・吉岡 典哉
浄水場開渠直下の薬液注入工法による液状化対策山本  敦・三輪賢太郎
既設河川堤防の耐震補強
 ―FTJ-FAN工法―
秋間  健・岡戸 雅則
田中 肇一・大林  淳
連載企画けんせつ小町便り 第7回加藤 万理
連載次世代へ伝えたい私の思い 第3回
 地球の薄皮と戯れ50余年ニワトリ会議で定説をつつく
酒井 運雄
連載講座地盤工学・技術ノート
第37回 盛土の地震時残留すべり計算⑰
龍岡 文夫
デュッテイン・アントワン
上野 和広・毛利 栄征
矢崎 澄雄
インフォメーションセメント系固化材の利活用セミナー/セメント協会
「2016年度住宅地盤技術者認定資格試験」のご案内/NPO住宅地盤品質協会

〈編集趣旨〉
 現在,首都圏においては,東京オリンピック関連の施設建設や交通インフラ整備,品川,渋谷,六本木エリアを中心とする再開発事業などが進められている。この他にも,大阪駅北側開発,名古屋駅周辺開発など,大規模プロジェクトが多数予定されている。このように,構造物や建築物が輻輳する大都市部において地下構造物や基礎などを構築する際には,狭隘箇所での施工となることが多い。また,東日本大震災以降,重要施設に対しては耐震補強や液状化対策など防災・減災事業が進められているが,既設構造物を対象とした補強・補修工事においても,狭隘箇所での施工となることが多い。
 そこで本特集号では,小スペース,低空頭,近接施工など,狭隘箇所における最新の施工技術や施工機械,課題等について,当該分野の第一人者に総括して頂いた。また,様々な条件下での最新の工事事例について多数紹介している。今後,同種の工事を行う皆様の参考になれば幸いである。


 2016年8月号 

特集

東日本大震災からの復旧・復興(その4)
―河川,農業施設,上下水道,産業施設―

表紙画像

総括編集  三反畑・菊池・渡辺 各委員

立ち読みをする

ご注文はこちらから    デジタル版のご注文はこちらから
クリック             クリック
巻頭言東日本大震災からの国土強靭化
 ―熊本地震による災害を踏まえて―
濱田 政則
総 説東日本大震災での災害と地域の防災今村 文彦
各 論東日本大震災を踏まえた河川堤防の技術課題への取組み佐々木哲也
東日本大震災による農業施設の復旧と今後への展開毛利 栄征
下水道の復旧・復興と地震・津波対策深谷  渉
東日本大震災による火力発電施設などの被害状況と今後への展開細川 政弘・樋口 義弘
巨大地震による石油コンビナートの被害と防災・減災対策座間 信作
産業施設の防災力向上に対する取組みと強靭化対策工法勝沢 勝栄
報 文旧北上川の復旧復興整備とかわまちづくり国土交通省
東北地方整備局
北上川下流河川事務所
北上川下流の堤防復旧工事十時 国士
陸前高田の海岸災害復旧工事
 ―防潮堤・水門・人工リーフの復旧―
峯尾 昌裕
陸前高田の気仙川災害復旧工事
 ―気仙川河口部の水門新設―
片野 裕哉
貞山運河(五間堀川)の復旧と松並木保存岩渕 和彦・松枝 弘喜
石井閘門(重要文化財)の健全度調査と補修伊納  浩・柳   仁
池村 彰人
野蒜水門の災害復旧工事淺田 浩司
野蒜築港と日本一長い運河群の復興創生と地域づくり後藤 光亀
福島県の農地および農業用施設における復旧・復興への取組事例渡邉 伸一
東日本大震災による下水道管路施設の被災と復旧菅野 富夫
原町火力発電所の復旧と防災・減災対策立花 祐治・大高 昌彦
東日本大震災による火力発電所の津波被害と減災対策園田 明大
石巻漁港の東日本大震災からの復旧・復興星  雅浩
セメント系固化材による震災復旧復興事例(その1)
 ―地盤改良の効果―
セメント協会
震災調査WG
セメント系固化材による震災復旧復興事例(その2)
 ―復興加速への貢献―
セメント協会
震災調査WG
連載企画けんせつ小町便り 第8回田中 里佳
連載次世代へ伝えたい私の思い 第4回
 港湾施設の設計で役立つかな
山本 修司
連載講座地盤工学・技術ノート
第38回 盛土の地震時残留すべり計算⑱
龍岡 文夫
デュッテイン・アントワン
上野 和広・毛利 栄征
矢崎 澄雄
インフォメーション鉄道総研技術フォーラム2016
 東日本大震災から5年―レジリエントな鉄道を目指して―
新刊紹介地盤工学におけるリスク共生/鹿島出版会など

〈編集趣旨〉
 2011年3月11日の東日本大震災から既に5年が過ぎ去った。災害廃棄物(がれき)の撤去・処分からライフライン・インフラの復旧,住宅再建・まちづくり,農業・水産業および地域産業の再生へと,多方面での取組みが進められ成果も出ている。しかし,地震と津波と原子力事故が同時に襲来した未曾有の災害であったことから,未だ残された課題も多い。本誌でも,これまでに「教訓と復旧」その1〜その4,「復旧と復興」その1〜その3,と7回の特集号を発行し,数多くの事例報告のみならず,現状と課題,今後の展望などを紹介してきた。
 本特集号は,これらの特集シリーズの最終回として,河川構造物,農地や農業施設,下水道,そして火力発電所や漁港などの産業施設に焦点を当てている。復旧・復興事例だけではなく,防災・減災対策や国土強靭化についても言及しているので,既刊の特集号と併せて新たな大地震への備えとしてもご活用いただければ幸いである。


 2016年9月号 

特集

最近のアジアの建設プロジェクト

表紙画像

総括編集  山下・井上 両委員

立ち読みをする

ご注文はこちらから    デジタル版のご注文はこちらから
クリック             クリック
巻頭言インフラシステム海外展開の更なる発展に向けて中神 陽一
総 説国土交通省における海外インフラプロジェクトの推進田中 康寛
各 論アジアにおける道路プロジェクトの概要と動向田中啓太郎
アジアにおける鉄道プロジェクトの概要と動向小林 知宏
シンガポール・レールコリドーに見るアジア都市の新たな社会インフラづくり田中  亙
報 文台北地下鉄CK570C工区の施工田中 耕一・嶋田 義人
田島 新一
台湾台中地域での地下工事―澄清病院新館―浅田 宏幸
フィリピン・ミンダナオ島におけるPPPプロジェクトを通じた地域経済開発への取組み加藤  聡・宗広 裕司
フィリピンにおける浚渫土砂のセメント混合処理秋吉 隆太
ラックフェン新国際港アクセス道路橋の基礎山地  斉・黒川 敏広
池田 圭宏・近藤 慎也
ハノイホアンミンザム(HMG)フライオーバー回転杭(NSエコパイル)による狭隘地施工福村 孝佳・澤田 武志
ラオスでの圧入ケーソン細野 利也・田中 秀明
武内 浩之
つばさ橋における河川内大規模場所打ち杭の施工金重 順一・鈴木 政則
タイ9号線(高速道路)の供用中嵩上げ工事梅田 智樹・長谷川 勉
佐々木博行
バンコクの大規模地下工事における逆打ちおよびアイランド工法の採用ポーンチャイ・シィティヤコーン・
カタウット・ヴィチャコット
石井 隆之
シンガポールの地下開発と地盤調査横井 良広・折原 敬二
営業線直下の非開削工事を含むインターチェンジ新駅の施工事例
 ―シンガポール地下鉄トムソン線建設工事226工区―
橋田  薫・多田 博光
原   毅
シンガポールにおける大深度地下ケーブルトンネルの施工例
 ―EW1工区―
灰井 宏平・今里 敏也
シンガポールにおける歴史的建物ファサードの保存・再生高尾  全・河野 貴穂
青木 雅路
シンガポールマーケットストリート・タワー新築工事における地下工事事例結城  勇・熊谷 博人
ガラスボックスファサードをもつ新しい商業施設兼光 知巳
偏芯を有する建物の基礎沈下挙動
 ―予測値vs実測値―
岡野英一郎・若林  生
弓削 健彦・中川  淳
インドネシア初の地下鉄およびシールドトンネル工事
 ―ジャカルタMRT CP104/105―
大迫 一也
インドネシア国中部ジャワ州におけるジャティバランダムの建設清水比呂志
東南アジアで活躍する日本の推進技術
 ―チリウン川放水路プロジェクト―
刈谷 光男
ジャカルタ近郊の膨張性地盤に建つ生産施設の1階床のレベル計測浅香 美治・中島  均
小森  崇・山田  学
インド貨物専用鉄道プロジェクト―西回廊―藤原 亮太・江口  聡
ダン・トゥアン・ハイ
デリーメトロプロジェクト鶴丸 雅徳
ヒマラヤ山脈麓のシンズリ道路建設工事と斜面対策伊澤 良則・山下 大臣
武藤  光
連載次世代へ伝えたい私の思い 第5回
 泥炭地盤の沈下予測式
能登 繁幸
連載企画けんせつ小町便り 第9回大沼 加奈
連載講座地盤工学・技術ノート
第39回 盛土の地震時残留すべり計算⑲
龍岡 文夫
デュッテイン・アントワン
上野 和広・毛利 栄征
矢崎 澄雄

〈編集趣旨〉
 今後10年間にわたる世界のインフラ需要は,最近の試算によれば33兆ドル(約3,300兆円)とも言われており,そのうちアジア地域が14兆ドルを占めるようです。このような状況に加えて,インフラ輸出が政府の成長戦略の柱のひとつに掲げられていることもあり,我が国で培われた鉄道,道路,港湾などの高い建設技術や,地球環境への対応技術・ノウハウを活用する機会が将来的に増大していくものと考えられます。
 そこで,アジア地域の建設プロジェクトの現状と動向に焦点をあてた特集を企画し,10か国における最近の土木,建築プロジェクトを紹介しました。多数のプロジェクトを通じて,各国のインフラ整備の特徴を伺うこともできそうです。海外での建設工事にはリスクを伴いますが,我が国の優れた技術の提供による国際貢献の観点からも,今後の伸長が期待されているのではないでしょうか。本特集が,海外の建設プロジェクトに関心のある読者の皆様のご参考になれば幸いです。


 2016年10月号 

特集

鉄道・道路構造物のリニューアル ―供用中の難工事―

表紙画像

総括編集  荻野・松尾 両委員

立ち読みをする

ご注文はこちらから    デジタル版のご注文はこちらから
クリック             クリック
巻頭言式年遷宮とSmart Wellnessと匠のわざ岸井 隆幸
総 説社会資本リニューアルの今後の展望木村 定雄
各 論鉄道構造物の最近のリニューアル工事と課題野焼 計史
道路トンネルの改良と課題砂金 伸治
報 文可部線廃止区間における旧抗土圧橋台の強化再利用松尾  遼・前田 友章
金子  雅
山陽新幹線高架橋の拡幅における基礎工の対応
 ―厚狭新駅設置および博多駅九州新幹線乗入れに伴う高架橋拡幅工事の事例より―
近藤 政弘・岡田 康司
吉永 一義
阪神電気鉄道神戸三宮駅改良工事
 ―地下駅の大改造―
増見 雅臣
中央線御茶ノ水駅における人工地盤基礎杭の施工前検討小笹 文彦・杉崎 向秀
吉井恭一朗・高野 裕亮
東京駅北通路周辺整備工事加藤 精亮・渡邉 大輔
赤尾 欽正
大江戸線勝どき駅改良工事漆山  明
京王電鉄京王線(笹怏w〜仙川駅間)連続立体交差事業の概要藤井 一郎・石井 克茂
東北沢〜世田谷代田間の複々線化事業および連続立体交差事業伊藤 正樹
竹ノ塚駅付近連続立体交差事業に伴う既設橋上駅舎のアンダーピニング北川 雄基
京浜急行大師線連続立体交差事業矢野栄二郎
東京メトロ有楽町線小竹向原〜千川間連絡線設置に伴う改良工事
 ―既設構造物の受替えに吊り補強やプレキャスト部材を用いた事例―
坂田  聡・小松 賢矢
東京メトロにおける東西線輸送改善施策鈴木 章悦
NATMおよび開削工法による供用中のトンネル拡幅工事近藤誠一郎・町永 正樹
渡部 隆広
熊本県の既設トンネル拡幅事例:下田隧道上野 晋也・本多 生吾
大口径リバース杭工事における逸液・塑性化対策
 ―近畿自動車道守口ジャンクション工事―
西山 晶造・大田 佳紀
首都高速板橋・熊野町ジャンクション間改良工事における合成構造フーチング山内 貴宏・齋藤  隆
兼丸 隆裕・瀬尾 高宏
阪神高速西船場ジャンクション改築事業における既設橋梁拡幅工事曽我 恭匡・杉山 裕樹
藤原 勝也・齊藤  暖
阪神高速における更新事業鈴木  威・渡辺 尚夫
連載企画けんせつ小町便り 第10回小宮奈保子
連載次世代へ伝えたい私の思い 第6回
 「基本に帰る」の励行と地盤改良技術の革新
垂水 尚志
連載講座地盤工学・技術ノート
 第40回 盛土の地震時残留すべり計算⑳
龍岡 文夫
デュッテイン・アントワン
上野 和広・毛利 栄征
矢崎 澄雄
インフォメーションセメント系固化材の利活用セミナー開催のご案内/セメント協会
新刊紹介活断層が分かる本/技報堂出版
TOPIC日本建築学会大会(九州)パネルディスカッションの報告
新刊紹介住宅を対象とした液状化調査・対策の手引書/(一社)レジリエンスジャパン推進協議会
インフォメーション第8回パイルフォーラム技術交流会 開催のご案内/パイルフォーラム(株)

〈編集趣旨〉
 高度成長期あるいはそれ以前に建設された様々な構造物が築造後数十年を経過する中,その後の様々な環境の変化等により,特に都市圏で供用されている様々な交通系の構造物に求められる機能が,建設時のそれ以上に付加して求められることが多くなっている。
 一般に,それらの構造物は公共交通構造物として市民生活の一部を担っており,機能向上のために構造物の使用を停止し,解体・新設することは社会的影響を考慮すると事実上困難であり,現有機能を確保しつつ,供用しながら構造物をリニューアルすることが多い。
 そこで本特集では,供用中の都市圏の鉄道や道路の既存構造物をリニューアル(改良,改造,更新,修繕等)することにより新たな機能を付加したり,既存の機能の向上を果たした事例を幅広く紹介しており,今後,社会資本のリニューアルに従事される方の一助となれば幸いである。


 2016年11月号 

特集

地域地盤特性と基礎工
―東日本編―

表紙画像

総括編集  岩崎・坂梨 両委員

立ち読みをする

ご注文はこちらから    デジタル版のご注文はこちらから
クリック             クリック
巻頭言地球の皺,日本列島上の基礎塩井 幸武
総 説注意すべき地盤とその探し方古関 潤一
各 論北海道地方における特色ある地域地盤特性例と調査・設計・施工上の留意点石川 達也
東北地方の特色ある地盤特性と調査・設計・施工上の留意点風間 基樹・長尾 和之
東京湾岸地域の地盤特性例と調査・設計・施工上の留意点
 ―「液状化」と「支持層」の観点から―
畑中 宗憲・武居幸次郎
関東地方における埋没地形と調査・設計・施工上の留意点大里 重人
新潟地方における特色ある地域地盤特性例と調査・設計・施工上の留意点大塚  悟・金子 敏哉
高橋 浩之・西  達也
北陸地方(富山県・石川県)の特色ある地域地盤特性例と調査・設計・施工上の留意点森影 篤史・山崎 貴之
高畠智佳子
東海地域における特色ある地域地盤特性例と調査・設計・施工上の留意点坪田 邦治
報 文北海道の超軟弱地盤における長尺鋼管杭の鉛直支持機構冨澤 幸一・磯部 公一
泥炭地盤への変動追随性の高いメガソーラー架台基礎の適用事例玉井 礼子・三浦 国春
朝村 洋丈・西岡  誠
福島県浜通りに分布する「ゆな」の地盤工学的特徴と土工事の留意点仙頭 紀明
埋立地盤における格子状地盤改良併用パイルド・ラフト基礎の沈下挙動
 ―千葉県浦安市―
山下  清・内田 明彦
谷川 友浩
浦安地区の病院施設の液状化対策を含めた基礎の施工石川  明・小澤 祐周
佐藤 起司・松本 雄樹
新潟県北部(日本海東北自動車道中条IC付近)の軟弱地盤対策工事例神田  豊・保坂 浩司
支持地盤の不陸に対応したニューマチックケーソンでの施工事例品地 道弘・樋口 政志
西村 拓也
地下障害物を想定した鋼管杭打設工法柞野 剛彦
金沢港大浜岸壁の近隣施設・環境に配慮した基礎杭打設工法の確立と地盤抵抗力の確認山田 邦明・宮ア 賢治
西村 建二
名古屋港ポートアイランドの埋立地盤・基礎地盤の土質性状の把握と想定南海トラフ巨大地震に対する耐震性評価酒井 崇之・野田 利弘
中野 正樹
JPタワー名古屋の基礎の設計および施工大沢 和雅・増田 真吾
梅村 建次・池田  崇
上村 宏紀・若井 修一
コラム群馬県の峠を克服した鉄道の歴史小野田 滋
連載企画けんせつ小町便り 第11回佐藤あすみ
連載次世代へ伝えたい私の思い 第7回
 地下水の利水・治水・育水,そして地下水利用のコンプライアンス
中村 裕昭
連載講座地盤工学・技術ノート
 第41回 盛土の地震時残留すべり計算㉑
龍岡 文夫
デュッテイン・アントワン
上野 和広・毛利 栄征
矢崎 澄雄
TOPIC(公社)地盤工学会・第51回地盤工学研究発表会の報告
新刊紹介薬液注入の長期耐久性と恒久グラウト本設注入工法の設計施工/(株)近代科学社

〈編集趣旨〉
 我が国は,国土が狭く平野部に人口が密集し,社会インフラも平野部に集中しています。昨今の杭の品質問題からも判るように,基礎が所定の性能を発揮するためには,見えない地盤の情報を合理的かつ安全に評価し,適切な計画・設計・施工を行うことが必要です。平野部も一見すると平坦に見えるものの,その地域の地盤の成り立ちによって,扇状地,自然堤防,後背湿地,三角州,溺れ谷,旧河道,潟湖跡,海岸砂洲など様々な地歴を有しており,地盤条件は大きく異なります。支持地盤ひとつをとっても,工事エリアの狭い範囲で必ずしも平たんではなく,地域の地盤の成り立ちを把握した上での事前の地盤調査や施工中の確認が重要となります。本特集では,我が国の地域毎の地盤の成り立ちとその特徴を整理し,その特性に配慮した調査計画や設計,施工上留意した事例を「東日本編」「西日本編」として特集します。本号では,東日本の各地域で基礎工の問題になるような地盤に対して,その地域の有識者の皆様に特色・特徴を判り易くまとめて頂きました。その内容は,全国各地での計画・設計・施工に際して大変参考になるかと思います。本特集号が,工事に従事される方々の一助となれば幸いです。


 2016年12月号 

特集

岩盤上の基礎工

表紙画像

総括編集  青木・横田 両委員

立ち読みをする

ご注文はこちらから    デジタル版のご注文はこちらから
クリック             クリック
巻頭言岩盤評価と基礎工に関する技術雑感前田 良刀
総 説岩盤を支持層とする基礎の設計・施工七澤 利明
各 論岩盤における調査と試験方法萩原 育夫
岩盤を支持層とする杭基礎の支持力評価田辺 晶規・河野 哲也
岩を支持層とする既製杭の設計・施工に関する取組み森   玄・木谷 好伸
岩を支持層とする場所打ち杭の設計・施工に関する取組み矢田 哲也
岩を支持層とする杭基礎の地盤調査方法に関する取組み柳浦 良行・浅井 健一
斜面上の深礎基礎の設計・施工古谷 嘉康・金  聲漢
岩盤における送電用鉄塔基礎の設計・施工の動向杉本 剛康・一木 将人
岩盤における施工機械の最新の動向関  徹也・梶野 浩司
亀井 良至・持原 健一
報 文切土法面における地質調査の留意点中西 昭友
風化花崗岩を支持層とする道路橋基礎の地質調査事例白井 康夫・徳田浩一郎
田上  裕
岩(主に泥岩)を支持層とする既製コンクリート杭の施工事例木谷 好伸
岩を支持層とする鋼管杭の事例
 ―鋼管ソイルセメント杭―
加藤 篤史
島尻層泥岩・砂岩を支持層とする打込み鋼管杭の事例鈴木 友之
傾斜した岩盤支持層への根入れ長確保に対応した場所打ちコンクリート杭の施工事例宮本 和徹
岩盤における場所打ちコンクリート杭の支持層確認方法と根入れ掘削荻田 成也
深礎杭における富士火山溶岩下層からの多量湧水対策畔柳 昌己・木次 克彦
大嶋 泰宏・浅賀 泰夫
岩を支持層とする直接基礎の事例
 ―新名神武庫川橋工事―
前原 直樹・村尾 光則
富山 茂樹・小西 純哉
小口径深礎杭孔内無人化施工システムの開発原  隆史・沢田 和秀
八嶋  厚・苅谷 敬三
宮澤 敏孝・杉山 裕一
辻  八郎・大高 範寛
雄ノ山高架橋(移行部)橋脚基礎の施工木須 芳男・瀧下  享
赤星 祐志・高橋 敏樹
海岸線岩礁部に設置するニューマチックケーソン基礎の施工岡  英毅・三輪  明
二宮 庸平
脆弱岩や風化岩等における設計・施工事例
 ―新東名高速道路新城地区の橋梁下部工の沈下とその対策―
宮部 光貴・早川 慎治
加藤 昌明・上東  泰
特殊バイブロハンマによる岩盤への鋼管杭打込み工法
 ―引抜き抵抗力を期待する本設杭への対応―
稲積 一訓・嶋田 洋一
田口 博文・辰見 夕一
中島 通宏
傾斜した岩盤支持層における場所打ちコンクリート杭工事の品質管理高野 俊夫・松蔭 知明
本田 真之
連載企画けんせつ小町便り 第12回工藤(和田)里絵
連載次世代へ伝えたい私の思い 第8回
 私の体験が役に立つなら
加倉井正昭
連載講座地盤工学・技術ノート
 第42回 盛土の地震時残留すべり計算㉒
龍岡 文夫
デュッテイン・アントワン
上野 和広・毛利 栄征
矢崎 澄雄
新機種紹介新世代型クローラクレーン「SCX900-3」「SCX1200-3」「1000HLX」「1500HLX」4機種同時発売/日立住友重機械建機クレーン(株)

〈編集趣旨〉
 岩盤上の橋りょうや建築物などの構造物は,直接基礎,深礎も含めた杭基礎さらにケーソン基礎など多種多様な基礎構造が採用されています。また,表層から岩盤がある場合や軟弱地盤の下層にある支持層としての岩盤など様々な形態で岩盤が存在しますので,状況に応じて設計,施工上の検討を必要とすることも多いようです。しかし,山岳部の基礎工や比較的浅い岩盤を支持地盤とする杭基礎などの基礎工は,設計における岩盤の強度特性などの物性値の設定や岩盤における掘削等の施工上の工夫,さらに岩盤支持層の傾斜・不陸に関する地質調査,設計・施工上の対応など,通常の土質地盤と違った課題も多いようです。一方,岩盤の中には施工によって極端に強度低下する脆弱岩もあります。
そこで本特集号では,杭基礎に限らず岩盤上および岩盤を支持層とするすべての基礎工について,地盤調査から設計・施工までの最新の情報を提供します。





All Rights Reserved, Copyright Sougou Doboku Kenkyusho. Co.,Ltd.