• 企業理念
  • 会社概要
  • 月刊基礎工
    • 定期購読申込書
    • バックナンバーのご案内
    • バックナンバー(デジタルブック)
    • 特集主題一覧
    • 原稿執筆について
    • アンケートご協力のお願い
  • 刊行物案内
  • 技術講習会・プロ養成講座
    • 講習会・養成講座レポート
  • リンク
  • 月刊基礎工 バックナンバー・デジタルブック閲覧サービス
  • デジタル雑誌「基礎工」
  • 土工・基礎工用語辞典 デジタルブック閲覧サービス
 
バックナンバー
 

月刊基礎工 バックナンバーのご案内

2007年 (クリックすると目次が表示されます)
1月号 2月号 3月号 4月号 5月号 6月号
7月号 8月号 9月号 10月号 11月号 12月号


その他の年の目次ページ
2018年 2017年 2016年 2015年 2014年 2013年 2012年 2011年 2010年
2009年 2008年 2007年 2006年 2005年 2004年 2003年 2002年 2001年
2000年 1999年



 2007年1月号 

特 集

技術者の知りたい構造物と基礎工

総括編集  平井・杉本両委員

グラビア技術者が知りたい構造物とプロジェクト
巻頭言関西国際空港2期事業と基礎工古土井光昭
総 説世界遺産に見る水と木と地盤三木五三郎
(歴史的構造物)
報 文オランダの風車と海洋工事高桑  明
古代ローマのインフラストラクチャー三木五三郎
世界の地下住居三木五三郎
ドナウ川とライン・マイン・ドナウ運河三木五三郎
ドイツ・ドナウ川流域の歴史的建造物高桑  明
エンパイアステートビルと基礎地盤藤田 宏一
(世界の構造物とプロジェクト)
報 文GROUND ZERO―9.11と自由と独立の再建「フリーダムタワー」須田  博
ドバイ メトロプロジェクトの現状佐々木正二・井上 清彦
牧野 正恒
韓国・仁川大橋の基礎工の設計と施工申  鉉穣・梁  鐘護
孫  裕錫・田村  哲
片山  啓
ハリケーン・カトリーナによる高潮被害松尾  修
(日本の構造物とプロジェクト)
報 文わが国の石油地下備蓄基地計画―整備状況と今後の展開―織山  純・中村百合子
羽田空港D滑走路の事業概要について
―埋立・桟橋組合せ工法による海上空港―
宮田 正史・野口 孝俊
福本 裕哉・相河 清実
関西国際空港2期用地造成事業
―二次揚土の実施と構造物の施工―
池田 憲造・安岡 政光
田端竹千穗
道路シールドトンネル分合流部の設計施工
―首都高速中央環状新宿線―
土橋  浩
首都高速中央環状品川線の概要と進捗状況三浦  隆・藤木 仁成
整備新幹線―主な橋梁と基礎工丸山  修・青木一二三
高速道路における橋梁の最近の動向池田 博之
東京ミッドタウンと基礎常木 康弘・鳥井 信吾
青木 雅路・河野 貴穂
長尾 俊昌
東京地下鉄13号線(池袋・渋谷間)建設工事の概要野焼 計史・永田 憲二
初級講座基礎の設計―耐震設計のポイント(第25回)谷   茂

〈編集趣旨〉
「基礎工」読者の皆さん,新年明けましておめでとうございます。今年の新年号は,「技術者の知りたい構造物と基礎工」を特集しました。通常号と比べてテーマが幅広く,日本国内から全世界まで,広く話題のプロジェクトを拾ってみました。これまで新年号では,日本や世界の有名建造物,歴史的建造物,あるいは世界遺産やビッグプロジェクトなどを紹介してきましたが,今年もグローバルな中から読者のお知りになりたいと思われますプロジェクトや建造物を選定しました。カラーページのグラビアなどご覧になりながら,わが国のビッグプロジェクトと世界遺産の話題などをご堪能ください。


 2007年2月号 

特 集

最近の地盤・基礎工の

耐震設計・補強(その1)

総括編集  大澤・梅野両委員

巻頭言基礎の耐震に関して最近思うこと杉村 義広
総 説地盤工学から見た性能規定型耐震設計の課題國生 剛治
各 論建築基礎の耐震設計(建築基準法,学会基礎指針等)の歴史,現状および展望田村 昌仁
建築杭基礎の耐震設計法の変遷と最新の動向松尾 雅夫
大規模盛土造成地の耐震基準等(宅地造成等規制法,宅地防災マニュアル)の歴史,現状および展望三輪 賢志
道路橋基礎の耐震補強の現状および展望中谷 昌一・白戸 真大
道路土工の耐震設計の歴史・現状・展望杉田 秀樹
河川構造物の耐震設計の歴史・現状・展望杉田 秀樹
地震時の斜面災害とこれからの耐震対策のあり方後藤  聡
土地改良施設の耐震設計の歴史,現状および展望谷  茂
報 文杭基礎の耐震補強―CPR工法の設計例浦野 和彦・足立 有史
竹之下朋章・丹澤 宣彦
河邑  眞
杭基礎の耐震設計・補強事例・In−Cap工法加藤 康司・瀬川 信弘
稲川 浩一
剛結としない杭頭接合構法を採用した建築杭基礎の耐震設計事例島田 博志
宅地造成地盤の耐震設計・補強事例橋本 隆雄
擁壁の耐震設計・補強事例橋本 隆雄
多柱式パイルベント基礎の耐震補強―SSP工法―福井 次郎・天野  明
河野 洋一・山根  大
中越地震における高速道路盛土の変状分析吉村 雅宏・藤岡 一頼
新潟県中越大震災・信濃川堤防復旧工事における液状化対策工の事例片野 智博
初級講座基礎の設計―耐震設計のポイント(第26回)松本 徳久

〈編集趣旨〉
 兵庫県南部地震以降,RC構造物,鋼構造物などの地上構造物においては耐震対策強化が進められ,対策の効果が現れてきています。一方,地盤関係では新潟県中越地震にみられるように被害が発生しているのが現状です。このような状況のもと,一昨年12月には地盤工学会関東支部より「首都圏を直下地震から守るために」と題して,地盤工学からの提言がまとめられています。  そこで,地盤および基礎工に関する「耐震設計法,既存構造物の耐震診断・補強法」について改めて整理し,耐震設計・補強事例を含めて今月号と来月号に分けて紹介することとしました。  今月号では,建築基礎,宅地造成地盤,道路構造物,河川構造物,斜面,農業施設について取りまとめました。来月号では,港湾構造物,鉄道構造物,上下水道施設,高圧ガス施設,オイルタンク基礎,電力施設,ダムについて紹介する予定です。皆様の今後の耐震対策等の参考になれば幸いです。


 2007年3月号 

特 集

最近の地盤・基礎工の

耐震設計・補強(その2)

総括編集  大澤・梅野両委員

巻頭言地盤・基礎の耐震設計―最近の動向石原 研而
総 説地盤工学から見た耐震設計の現状と課題龍岡 文夫
各 論港湾構造物の耐震設計法(港湾基準)の歴史・現状および展望菅野 高弘
鉄道橋梁の耐震設計法の変遷および今後の展望西村 昭彦
鉄道土構造物の耐震設計法の歴史,現状および展望舘山  勝
水道施設耐震設計の歴史と現状田口  靖
下水道施設の耐震設計・補強の歴史,現状と展望楠田 哲也
高圧ガス施設の耐震設計・補強の歴史,現状および展望池田 雅俊・安田  進
石油タンク基礎の耐震設計・補強(消防法)の歴史,現状および展望八木 高志
電力設備の耐震設計の現状および研究の展望末広 俊夫
ダムの耐震設計・補強の歴史および展望松本 徳久
報 文既存岸壁の耐震補強を兼ねた耐震強化岸壁の整備岩波 光保
大地震時における杭の損傷抑制技術
―杭頭接合構造の水平交番載荷実験―
神田 政幸・青木一二三
山東 徹生・山崎 貴之
丸山  修
ポリマー免震壁による既設開削トンネルの補強室野 剛隆・舘山  勝
桐生 郷史・小林 正介
目久尻川水管橋の耐震設計事例中島 英雄・松嵜 尚志
横浜市の下水道施設(処理場・ポンプ場)の今後の地震対策事業の進め方について石北 正道・折居良一郎
小林 史幸
高圧ガス施設の耐震設計・補強事例池田 雅俊・前  孝一
屋外貯蔵タンクの基礎・地盤の耐震設計・補強事例今井 元日
電力設備の耐震性能照査に関する研究の事例
―鉄筋コンクリート製地中構造物の地震時塑性変形挙動解明のための振動台実験―
末広 俊夫
被災した新山本調整池の復旧に伴う耐震補強野澤伸一郎・島峰 徹夫
滝沢  聡・龍岡 文夫
既設アースダムの耐震強化事例
―村山下貯水池堤体強化工事―
田村 聡志・村山  眞
初級講座基礎の設計―耐震設計のポイント「擁壁」(第27回)橋本 隆雄

〈編集趣旨〉
 兵庫県南部地震以降,RC構造物,鋼構造物などの地上構造物においては耐震対策強化が進められ,対策の効果が現れてきています。
 一方,地盤関係では新潟県中越地震にみられるように被害が発生しているのが現状です。
 このような状況のもと,一昨年12月に地盤工学会関東支部より「首都圏を直下地震から守るために」と題して,地盤工学からの提言がまとめられています。
 そこで,地盤および基礎工に関する「耐震設計法,既存構造物の耐震診断・補強法」について改めて整理し,耐震設計・補強事例を含めて先月号と今月号に分けて紹介することとしました。
 今月号では,港湾構造物,鉄道構造物,上下水道施設,高圧ガス施設,オイルタンク基礎,電力施設,ダムについて取りまとめました。皆様の今後の耐震対策等の参考になれば幸いです。


 2007年4月号 

特 集

立体交差化技術と基礎工

総括編集  舘山・福井両委員

巻頭言主働と受働のはなし赤木 寛一
総 説国土交通省における踏切対策に関して秋元 利明
道路における立体交差化技術福井 次郎・竹口 昌弘
鉄道における立体交差技術石橋 忠良
各 論道路交通への影響を低減する路上工事技術の現状と課題大下 武志・小野寺誠一
線路上空利用建築物(低層)の構造設計法武居  泰
報 文HEP&JES工法による施工事例清水  満
鉄道と道路の上下逆転切替工事
―一晩で鉄道は高架に,道路は地上に―
林  賢一
綾瀬車両基地直下の道路トンネル施工(パイプルーフ)藤本  繁・藤田 雄一
山村  学・高橋 幸久
移動式直接高架施工機による場所打ち杭の施工
―京急蒲田駅付近連続立体交差事業における施工事例―
吉住 陽行・谷高 孝一
荻原 克巳・早川  正
亀廼井寿明
エレメントと工事桁を併用した既設架道橋の改築元木澤知紀
東横線旧元住吉駅部における基礎杭打設方法高田 久夫・鈴木 隆文
藤田 貴文・十束 唯男
新宿駅南口人工地盤の設計・施工大迫 勝彦・渡辺 恵介
急速施工法による交差点立体化工事―原田高架橋―美島 雄士
曲線の地下連絡通路を矩形のハーモニカ工法で築造大久保英也・門脇 直樹
線路上空利用建築物の設計・施工大迫 勝彦
URT工法PCボックス形式の開発
―耐震設計方法および作業エレメント省略方法について―
泉  保彦・行枩 孝一
竹山 純徳・羽矢  洋
線路上空からの急速杭打ち工法「ラピッツ−O(オー)工法」の開発松本  伸・東野 光男
辻 奈津子・阪本 公明
線路上空からの杭打ち工法(スカイパイリング)喜多 俊介・林   篤
アンダーパスの急速施工法「URUP工法」三木 慶造・横溝 文行
上田  潤
初級講座基礎の設計―耐震設計のポイント「擁壁(建築)」(第28回)橋本 隆雄

〈編集趣旨〉
 近年,開かずの踏切が社会問題化しております。このため国は約1千箇所といわれるボトルネック踏切を平成22年までに半減させることを目標に重点的整備を進めております。また,主要道路の平面交差部では慢性的な渋滞や大気汚染による健康被害を引き起こし,これらに対する抜本的対策としての立体化工事が,順次進められております。さらに,都市再生特別措置法の施行などにより,道路や線路上空に建物や人口地盤を造成する工事も都市部において急増しております。
 そこで本号では,立体交差化工事に関する技術を対象とした特集を企画することにしました。具体的には,現在利用されている鉄道や道路をオーバーまたはアンダーパスする際の施工技術とその適用事例,近接・狭隘箇所における基礎の構築技術や掘削技術などを紹介することにしました。また,法制度や行政の取り組み,今後の課題,技術開発の状況なども紹介しております。読者の皆様が,このような工事を計画・設計・施工される際の一助となれば幸いです。


 2007年5月号 

特 集

最近の大規模なアンダーピニング工事

総括編集  野焼 計史 委員

巻頭言アンダーピニング技術見本市の副都心線建設矢萩 秀一
総 説アンダーピニングの変遷と技術的動向小泉  淳・清水 幸範
各 論アンダーピニングの計画と設計藤木 育雄・杉嶋 敏夫
アンダーピニングの施工森下 全人・名倉  浩
アンダーピニング工事における計測管理水上 博之
アンダーピニング工事に伴う変状と留意点海野 隆哉
報 文アンダーピニングに伴うJC&R工法を用いた既設基礎杭の撤去について小島 淳史・井上  崇
瀧内 義男・古山 章一
東京メトロ副都心線における多様なアンダーピニング名古屋菊夫・大石 敬司
佐久間 穣
上野地下歩行者専用道・駐車場建設に伴うアンダーピニング日高 良明・西村 唯史
首都高速中央環状新宿線における地下鉄丸ノ内線アンダーピニング工事土橋  浩・渡辺 剛史
水越 英世・岩倉 孝幸
中央環状新宿線建設工事における神田川のアンダーピニング並川 賢治・蔵治賢太郎
吉田 祥二・田代 晃一
横浜市道岸谷生麦線トンネル建設に伴う生麦中学校校舎アンダーピニング工事の設計・施工概要寺山  徹・津野 和宏
石黒 順一・守山 和朗
アンダーピニング工法による東海道新幹線汐留高架橋改築について加藤  均・日下部昭彦
中村  誠
横浜市営地下鉄4号線建設に伴う東急日吉駅ビルのアンダーピニング工事豊田 弘茂・宮崎 集二
山口 洋史・今村 大吾
大阪市地下鉄第8号線建設に伴う谷町線のアンダーピニング工事伊藤 博幸・石崎 雅史
中ノ島新線建設工事に伴う京阪本線のアンダーピニング谷口 智之
阪神高速道路神戸山手線での神戸高速鉄道東西線アンダーピニング工事井上 真次・大西 祥久
大谷啓一郎
新神戸トンネル(U期)建設に伴うJR神戸線(南行き)のアンダーピニング兼島 方昭・奥井 明彦
田村 暢慶
新神戸トンネル(U期)建設に伴う阪急神戸線(北行き)のアンダーピニング兼島 方昭・岩元  仁
有本  有
シンガポール地下鉄サークルライン新駅建設に伴う鉄道高架橋のアンダーピニング草野 孝三・古園 豊繁
初級講座基礎の設計―耐震設計のポイント(第29回)「地下駐車場」浦野 和彦

〈編集趣旨〉
 アンダーピニング工事は基礎工の分野では古い技術の一つであるが,地下トンネルの通過空間を確保するため既設構造物の基礎杭を盛り替えるなど,都市トンネル建設の補助工法として我が国で本格的に採用されるのは,1960年代以降のことである。都市施設が輻輳する都市土木,中でも道路や鉄道トンネルの建設において,東京や大阪等の大都市圏を中心に多くの施工実績が見られる。
 本特集は,アンダーピニング工事の歴史や技術的動向,設計・施工や計測管理技術を総括するとともに,国内外における最近の大規模なアンダーピニング工事の施工事例を紹介することを目的としている。都市土木に必要な基礎技術として,技術者の皆様の参考になれば幸甚である。


 2007年6月号 

特 集

東アジアの地盤特性と工事例

総括編集  菊池・真島両委員

巻頭言東アジアにおける地盤特性田中 洋行
総 説アジアコードへの道日下部 治
各 論韓国の地盤特性と建設事情今西  肇
中国西部地域における大型水力発電プロジェクトの地盤安定処理に関する研究の進展王   林・張   林
符  文熹・瀬古 一郎
中国沿岸部の地盤特性と高速鉄道の建設羅   休・舘山  勝
香港の地盤の特徴と打設杭の施工事例張  利民・菊池 喜昭
台湾の地質と最近の建設工事で生じた地盤工学上の諸問題黄  南輝・秦  中天
藤堂 博明
ベトナムの地盤特性中野 孝雄
インドシナ半島「ベトナム南部」メコンデルタの土質高田  栄
カンボジアとタイの地盤特性と工事例澁谷  啓・福田 光治
梶山 浩二
シンガポール・半島マレーシアの地盤と施工上の問題点折原 敬二・寒河江 武司
横井 良広
インドネシア・ジャカルタ付近の土質性状吉成 賢明
フィリピンの地盤特性中野 孝雄・花谷慎太郎
東アジア各国の建築基礎の設計基準田村 昌仁・阿部 秋男
平田 茂良・YU Shizhou
ADHIKARI Kosh Nath
報 文仁川国際空港における軟弱地盤改良の施工事例姜  敏秀・崔  仁傑
上海港の伸延:洋山深水コンテナ埠頭張   鋒・黄   雨
台湾台北市における建築の地下工事事情西原 鉄馬・田原  海
渡辺 則雄
台湾地下鉄工事における曲線削孔地盤改良工事例阿部 正直
杭長の異なるパイルド・ラフト基礎を採用した大型倉庫佐原 守・鈴木 直子
石井 雄輔・小寺 友博
ベトナム・バイチャイ橋建設工事
―世界最長の1面吊りPC斜張橋における基礎の施工―
尾島 英明・中村 智樹
若原 敏裕・大塚 政治
バンコク地下鉄南工区建設工事浅上 裕司・亀廼井寿明
バングラディシュ国における大口径長尺特殊杭の施工事例
(シャフトグラウト杭)
向市 博昭
マリンクレイ地盤上の急速埋立と地下水位上昇による圧密の遅れ鈴木洋一郎・中西  隆
シンガポール・セマカウ島ゴミ処理場建設工事田口 博文・有田 恵次
辻   清
インドネシアの膨潤性地盤に建つ生産施設の基礎地業西  正晃・八重樫 光
杉山  誠
初級講座基礎の設計―耐震設計のポイント(第30回)
「地下鉄開削トンネル・駅」
橘  義規

〈編集趣旨〉
 中国の大規模な建設ラッシュに代表されるように,東アジアの建設産業は活況を示しています。日本の国内事情が多少停滞気味なのと比較すると対照的ではないかと思います。このような事情のなかで,国内企業による海外建設プロジェクトも多数に上っています。また,最近はヨーロッパを中心として設計コードの国際的な議論が盛んになされたり,学会活動でもアジアと強調していく動きが強くなってきています。ひとくくりに東アジアと言ってもその範囲はかなり広範に及びますが,東アジアのプロジェクトでは,わが国と類似の地盤条件のもとでの建設工事もかなり多くあるようです。  この度,以上のような背景からわが国とは地理的にも近く,経済的なつながりも強い東アジアの地盤特性と工事例を特集して紹介することにいたしました。韓国から東南アジア,バングラディシュに到る興味深い事例を多彩な執筆者によって紹介していただく特集となりました。この特集が皆様の今後の業務の一助になれば幸いです。


 2007年7月号 

特 集

既製コンクリート杭の

構造・材料と性能

総括編集  桑原文夫 副委員長

巻頭言地震で壊れた杭からの連想吉成 元伸
総 説既製コンクリート杭の歴史・現状および将来の展望桑原 文夫
各 論既製コンクリート杭の時代変遷について林  隆浩・先崎 大樹
既製コンクリート杭の力学的性能林  静雄
高強度コンクリート杭の製造菅  一雅
超高強度コンクリートの性能清水 昭之
各 論既製コンクリート杭用緊張材の種別,製造方法と性能溝口  茂
既製コンクリート杭の継手の性能村上  浩
既製コンクリート杭の杭頭接合方法北川  勝
既製コンクリート杭を取巻くJIS制度の現状熊谷 雄二
報 文PHC杭の構造・性能窪田  充・津田 和義
PRC杭の構造・性能加藤 洋一・渡辺 正登
横山 雅樹
SC杭の構造・性能土田 伸治
RC杭の構造・性能土田 伸治
節杭の形状・構造・施工法・支持力等の変遷藪内 貞男・小椋 仁志
特厚杭の構造・性能浅井 陽一・西村  裕
特別寄稿基礎地盤の変形係数算定の根拠塩井 幸武
初級講座基礎の設計―耐震設計のポイント(第31回)
「既設構造物基礎の耐震診断」
相良 昌男
〈新連載〉住宅基礎地盤の失敗例に学ぶ(第1回)
「講座を始めるに当って」
若命 善雄・村上  満
橋本 光則・田中 英輔

〈編集趣旨〉
 今月は既製コンクリート杭の材料と構造に関する特集号を企画しました。最近,極めて大きな許容鉛直支持力を発揮する埋込み杭工法が次々に開発され,そのためにコンクリート強度が100N/o2以上の既製コンクリート杭が一般化しつつあり,120N/o2もある杭も出現しています。また,鋼材の利用により,曲げモーメントに対して大きな靭性を持つ杭が作られるともに,杭同士の継手や上部構造との接合部にいろいろな工夫を行なわれ,杭や構造躯体に生じる応力を減らすことや,施工の簡略化が計られています。既製コンクリート杭に関しては,その発達の過程で,基礎構造に要求される性能に応じてさまざまな変化を経て現在に至っており,今後も社会の情勢に応じて,さらに変化し続けるものと思われます。このようなことから本特集号では,既製コンクリート杭を構成する材料の特性,製造時の管理方法および出来上がった製品の構造と性能に焦点を当て,あらためて構造部材としての既製コンクリート杭について考えてみたいと思います。


 2007年8月号 

特 集

戸建て住宅基礎・地盤の障害と対策

総括編集  田村 昌仁 委員

巻頭言住宅の地盤「事故」と保証制度松本 光平
総 説戸建て住宅基礎・地盤の障害要因とその対策若命 善雄
住宅基礎の不具合実態と対策篠塚 重夫
住宅基礎の沈下修正工事の変遷と展望間瀬  哲・才上 政則
各 論調停・鑑定から学ぶ基礎地盤の障害の特徴と教訓
―障害の生じやすい地盤―
藤井  衛
裁判事例に学ぶ基礎・地盤の障害の特徴須々田 幸治・山田  剛
木造住宅の基礎に要求する性能と補修方法中川 貴文
住宅基礎の新設および補修・補強における費用対効果の考え方米田  誠・中井 敦司
住宅基礎の施工管理・品質確認の現状と新たな取組み二木 幹夫・久世 直哉
報 文住宅基礎の損傷度評価と診断例伊奈  潔
住宅基礎コンクリートの補修・補強事例黒柳 信之
盛土地盤での住宅の沈下修正事例松下 克也
擁壁周辺での建築物の基礎設計事例
―建物配置計画と基礎設計―
佐藤  隆
地盤補強工事を採用した住宅の沈下修正事例水谷 羊介
新潟県中越地震における住宅基礎の補修・補強事例村上  満
阪神大震災における住宅基礎の補修・補強事例平田 茂良
宅地擁壁の改修・補強事例鹿糠嘉津博・佐藤 秀人
小口径鋼管に用いた住宅における鋼管軸力の観測結果菊地 康明・峯  若子
上廣  太
表面波探査による住宅地盤の耐震性評価と地震による被害事例林  宏一・大塚  悟
若井 明彦・菊地 康明
免震住宅基礎の地盤調査・設計・施工事例黒木 哲也
沈下修正機構を組込んだ住宅基礎平田 茂良・菅  将憲
南野 貴洋
ポールコンストラクションによる住宅基礎の被害と設計例
―阪神淡路大震災に耐えた傾斜地の掘建て柱式基礎―
岡野 泰三
関東大地震に耐えた木造の沈下障害と修復
―米国人建築家・宣教師ヴォーリスによる地下室付き建築物―
田村 昌仁
初級講座基礎の設計―耐震設計のポイント(最終回)
「既存基礎の耐震補強工法」
相良 昌男
住宅基礎地盤の失敗例に学ぶ(第2回)
「住宅地盤の障害とその背景,そして克服の方法」
田中 英輔

〈編集趣旨〉
 住宅基礎の分野では,沈下障害の回避のために様々な杭や地盤改良が開発され,今では新築住宅の3,4割が杭等を採用している。しかし,新規の造成地や擁壁背面など,リスクを背負ったままの基礎設計も少なくない。
 基礎の修復は,構造計算で安全性を確かめるというより現状復旧に近いが,品確法の創設や基準法の改正等により,確実な診断・原因究明・補強が求められている。また,その一方で基礎地盤の保証制度も次第に整備されつつある。沈下修正等の費用は,基礎工事費に比較すると遥かに高額となるので保証も有用であるが,瑕疵の回避を最優先すると,どんな敷地でも杭等を要することになる。杭等も万全でなくトラブルも少なくないので,失敗を繰り返さない調査・設計・施工と検査体制が重要である。今後,不具合の分析などを通じて,保証機関間の市場競争のもとで,地盤保証のための合理的な適用条件が明確になることが期待される。
 耐震偽装問題を契機とし,建築基準法の抜本的な改正が本年6月に施行されたが,『基礎・地盤説明書』を確認申請で新たに求めることになった。この運用と充実は今後にかかっているが,住宅基礎の設計施工と不具合に関する説明責任の重要さが一層高まったと考えるべきであろう。
 本号では,上記を鑑み,住宅基礎の最近の動向や補強・沈下修正に係わる最新技術等について,事例を中心に紹介する。


 2007年9月号 

特 集

観測施工とその情報活用

総括編集  岡野・藤田両委員

巻頭言観測施工における情報の有効利用について鈴木 明人
総 説国土交通省における施工現場の情報化について山田 晴利・田中 洋一
建設施工における情報の役割と活用方法建山 和由
各 論最近の計測技術と計測管理の考え方大西 靖和
地盤情報と施工情報に基づく建築基礎の品質管理システムの考え方と適用例田村 昌仁・菊地 康明
水谷 羊介・久保  豊
佐藤 秀人
トータルステーションを用いた出来形管理金澤 文彦・阿部 寛之
地盤工学におけるGIS(地理情報システム)の利活用の現状と可能性江崎 哲郎
基礎工事に用いる計測機器の高性能化と将来展望須賀原慶久
報 文海上工事における観測施工(ケーソン据付の無人化施工)眞鍋  匠
RTK―GPSを用いた埋立地盤の施工管理―関空2期工事―藤原 辰彦・小松 憲三
伊藤 康佑
GPSを用いた盛土締固めに関する情報化施工大窪 克己・藤岡 一頼
GPSを用いた高橋脚の鉛直施工性計測と施工情報活用小林 雅幸・後藤 健二
黒台 昌弘・奥村 敬司
さがみ縦貫道路海老名北ジャンクションにおける軟弱地盤の観測施工大窪 克己・日比野進弘
佐藤  淳
中間層にパイルド・ラフト基礎で支持された超高層建物の施工時沈下挙動観測中西 啓二・三橋  建
リバウンド計測値に基づく新築建物と既存建物との接続部の挙動評価甲村 雄一・佐藤 英二
杉浦 清史
大規模土木工事におけるIT土工管理システム(KITEC)の活用植木 睦央
建設ロボットによる掘削作業の自動制御技術の開発山元  弘
自動化オープンケーソン工法(SOCS)を用いた最近の施工事例秋田 満留・津川 優司
鉄道近接工事におけるニューマチックケーソンの施工と動態観測武内 繁一・江島  武
後藤  隆・倉知 禎直
LPG岩盤貯槽掘削における情報化施工
―波方国家石油ガス備蓄基地―
加藤 元彦・前島 俊雄
平井 秀幸
Webとデータベースを用いた新しい施工管理手法の活用古屋  弘
薬液注入工事における周辺構造物への影響監視と施工管理島田 俊介・小山 忠雄
PVD打設における油圧管理指標による排水層判定の事例野村 忠明・吉川 雅史
松田 安正・三浦 哲彦
初級講座住宅基礎地盤の失敗例に学ぶ(第3回)
「小規模建築物の基礎・地盤に関わる法令と地盤保証」
新松 正博・斉藤  博

〈編集趣旨〉
 基礎や土工の施工にあたっては,地盤を代表として多くの不確定な要素が存在する。地質調査の段階で,これらの不確定な条件を十分な精度で予測することが困難な場合もしばしば見られる。また地盤条件や環境条件からの厳しい制約を受ける建設工事がますます増大してきているなかで,周辺への影響を極力軽減し,所定の工期内に安全に工事を遂行することが常に求められている。このため,土質工学の父と言われるテルツァギがその著書で提唱した「施工観測」の考え方を基本に,工事を進めながら情報を得て施工を進めることが行われ,多くの成果が得られてきている。  最近では,建設ロボットの遠隔操作や無人化施工など,計測機器やコンピュータを用いた建設機械の動作支援や,多くの工事から蓄積されたデータの共有化やその活用など,計画・設計分野への展開が広範囲に見られる。そこで,最近の観測施工について,基礎的な課題や展望,その利活用による効果や実際の出来映えを含めて,最新の代表的な事例とともに紹介する。


 2007年10月号 

特 集

基礎杭施工における
最近の管理技術

総括編集  桂・山中両委員

巻頭言天網恢々疎にして漏らさず冨永 晃司
総 説建築における基礎杭の施工管理の課題と展望加倉井正昭
土木における基礎杭の施工管理の現状と課題塩井 幸武
各 論場所打ちコンクリート杭工法の施工管理と留意事項宮本 和徹
既製コンクリート杭基礎施工品質の現状とその課題林  隆浩
鋼管杭の施工管理と留意事項脇屋 泰士・外山  征
柳  悦孝・増田 敏聡
RC地中連続壁の施工管理と留意事項地中連続壁基礎協会
技術委員会
報 文大口径場所打ち杭の施工管理例田中 昌史
多段拡径場所打ちコンクリート杭工法の施工管理平井 芳雄・若井 修一
中島 正人・青木 雅路
SENTANパイル工法の施工・品質管理奥村 文直・黒島 一郎
西垣 和弘・中出 剛
高支持力既製コンクリート杭(プレボーリング逆転拡大方式)の施工管理例木谷 好伸
高支持力既製コンクリート杭(プレボーリング油圧拡大方式)における拡大根固め工法球根部の品質管理浅井 陽一・西村 裕
先崎 大樹
高支持力既製コンクリート杭の施工管理例
―中掘り拡大根固め工法Hyper−NAKS工法―
千種 信之
支持層に不陸がある地盤における回転貫入杭の施工管理例大木  仁
回転貫入杭の打設時と回収時の施工管理例前嶋  匡・國松  諭
桐村 正和
鋼管ソイルセメント杭工法の施工管理例堀切  節・田中 幸芳
中掘り工法(セメントミルク噴出撹拌方式)による斜杭の施工管理例細田 光美
既存既製コンクリート杭の再利用における品質管理(調査と評価)例菅谷 憲一
耐震補強時の杭の施工管理例相良 昌男
RC地中連続壁杭の品質・施工管理および施工事例鈴木 雄三
ソイルセメント柱列壁の本体利用と施工管理(杭としての利用)伊勢本昇昭・金子  治
住宅基礎杭(回転貫入杭)の施工管理例前嶋  匡・久世 直哉
初級講座住宅基礎地盤の失敗例に学ぶ(第4回)
「地形・地質の豆知識」
張   軍

〈編集趣旨〉
 性能設計や環境保全などの社会要求から,基礎杭においてもニーズが多様化し,各種の工法が開発されています。たとえば,鋼管杭における回転貫入杭の開発,埋込み杭の拡大根固め工法における高強度杭材や高支持力杭の開発,引抜き抵抗も期待できる場所打ちコンクリート杭の開発などです。これらの開発により杭の性能が高まることは基礎の合理化にとって有効と思われますが,目標性能を確保するための設計および施工の信頼性向上に対する要求が従来にも増して強まっています。
 また,基礎杭は新設構造物への利用にとどまらず,基礎補強としての利用や既存杭の再利用も行われるとともに,狭隘敷地や特殊な地盤条件での利用など設計・施工の工夫が必要とされる工事も数多く見受けられます。  本特集号では,基礎杭の信頼性を向上させるため,施工管理技術の観点から最新の技術と今後の課題を紹介いたします。


 2007年11月号 

特 集

斜面・のり面の点検と
対策工

総括編集  吉村・高田両委員

巻頭言斜面・のり面の点検技術奥園 誠之
総 説斜面・のり面の点検と対策工綱木 亮介
各 論道路のり面の災害と点検・対策佐々木靖人・倉橋 稔幸
矢島 良紀
鉄道のり面の維持管理と対策杉山 友康
宅地造成のり面の点検と対策工西村 真二
簡易貫入試験機を用いた斜面崩壊深予測小山内信智
GISによる道路防災カルテ管理と対策工意思決定システムの提案沢田 和秀・八嶋  厚
降雨によるのり面/斜面崩壊北村 良介・酒匂 一成
高速道路における土石流災害対策星野 和彦
のり面災害をもたらす凍上現象とその対策佐藤 厚子・西本  聡
地震災害を起こした斜面後藤  聡
報 文のり面点検の現状と今後上出 定幸・小西 貴士
森下  泰
コンクリート吹付けのり面の点検と耐久性評価事例山本 高司・天野 浄行
グラウンドアンカー施工のり面の点検と調査技術山田  浩
コンクリート吹付けのり面の修景中野 裕司
鉄道における落石災害と対策の考え方佐溝 昌彦
振動特性による岩塊の安定度評価と道路落石対策工田中 克則・棚林  誠
徳安 芳典・櫻谷 慶治
コンクリート吹付けのり面の土のうを活用した改修松岡  元・山口啓三郎
光ファイバセンサを活用した道路斜面モニタリング加藤 俊二・小橋 秀俊
孔内洗浄工による地下水排除工の維持管理森  政美・佐伯 勝義
市原  健・山本 定雄
のり面植生工へのササ類の導入川原田圭介・有村 恒夫
斜面・のり面に発生するなだれに関する点検と対策工町田  誠・松浦 利之
自然斜面における治山対策と維持管理櫻井 正明
環境に配慮した耐震治山工法について西原 玲二・竹下 洋一
荒木 繁幸・鏡原 聖史
初級講座住宅基礎地盤の失敗例に学ぶ(第5回)「地形・地質の知識」西   孝

〈編集趣旨〉
 日本の建築・土木の建設は成熟期を迎えつつある。従来,インフラ整備技術は構築するための技術開発が中心となりやすい世界であった。これは,理論的に整合を取りやすく,結果を出しやすく,基準化しやすいことや,かつ,それによってもたらされるコストパフォーマンスが大きかったことなどによる。しかし,近年,今まで作られてきた社会的資産の有効活用と延命化が言われてきている中,供用されている施設の点検と対策技術に高いニーズがある。しかしこれはきわめて地味で,個々の状況によるものが多く,体系化,基準化しにくい技術である。これらの技術は,現場の事実を収集し,膨大なデータを整理するところから始まるものであり,結論を出すには時間の要素を組み込まなければならない。今回の特集は極めて多様性のあるのり面・斜面を対象として様々な点検と対策を取り上げ,今後の維持管理技術向上のきっかけとするものである。


 2007年12月号 

特 集

総括編集  小笠原政文 委員

巻頭言地下都市高速道路の時代を開く今田  徹
総 説中央環状線山手トンネル( 新宿線〜 池袋線)の完成に向けて飯島 啓秀
各 論中央環状線山手トンネルの事業概要田中 充夫・三浦 正幸
地質および構造の概要土橋  浩
トンネル防災・安全対策の概要田中 充夫・岡野 孝司
トンネル施設の概要三具 正孝
報 文都市部における大断面泥水式シールドの施工事例
―上落合シールド,東中野シールド,本町シールド―
荒神 敏郎・大古殿利直
寺島 善宏・宗澤 敦郎
柴田 佳彦・篠原 浩史
都市部で長距離掘進した大断面泥土圧シールドの各種対策
―中落合シールド―
土橋  浩・松田  満
松原 健太・高橋  忠
報 文二次覆工を省略した道路シールドトンネルの耐火構造と施工波津久毅彦・松田  満
大深度開削トンネルで路下施工した地中連続壁(鋼製壁式)の設計施工―要町換気所―渡邊 健司・齋藤 純一
大住元 豊
地下鉄直上を掘削する開削トンネルのリバウンド対策
―本町換気所―
川田 成彦・蔵治賢太郎
亀川  信・三浦 俊彦
地下鉄が斜めに横断する土留め壁の設計と施工
―本町換気所―
蔵治賢太郎・大古殿利直
上代慎之介・宇佐美誠治
シールドトンネルの耐震設計と耐震照査事例石田 高啓・小林 靖典
開削トンネルの耐震設計寺島 善宏・白鳥  明
シールドトンネル切開き技術の開発と今後の展望並川 賢治
開削工法によるシールドトンネル分合流部の設計施工
―中央環状線西池袋出入口―
並川 賢治・荒神 敏郎
小川  晃・川崎 光洋
非開削工法によるシールドトンネル分合流部の設計施工
―西新宿JCT北連結路―
蔵治賢太郎・蒲  和也
宮脇 卓哉・国谷 一彦
シールドトンネル上下線連絡坑の設計施工松田  満・荒神 敏郎
伊藤 信次・柴田 佳彦
都市部で施工したアンダーピニングの施工事例
―地下鉄丸ノ内線,神田川交差部―
渡邊 健司・蔵治賢太郎
吉田 祥二
幹線道路の直下で施工した既設洞道φ3mの非開削撤去
―バックフィルシールド工法―
川田 成彦・倉持  豊
池口 潤一
首都高4号線直下の狭隘部における杭基礎の設計施工波津久毅彦・北島 基彦
松橋  宏・川元 克哉
都市景観に配慮した山手トンネル換気塔の景観設計と施工関  昭彦・田中 智隆
道路トンネルに適用した低濃度脱硝技術石戸谷 淳
初級講座住宅基礎地盤の失敗例に学ぶ(第6回)
「アンケートにみる地盤事故と地形評価」
田中 英輔

〈編集趣旨〉
 首都東京の地下に首都高速道路の建設が進められています。この道路は東京の山手通りの直下に建設され,この12月に新宿と池袋線を結ぶ延長6.7kmが開通します。本特集号は開通記念号として本路線の開通区間に絞って地下技術の紹介を企画しました。開通効果としては,渋滞緩和,環境改善及び経済効果に大きく貢献します。  本建設は,路上における重交通の処理方法,縦横無尽に張り巡らされたライフライン,近接構造物並びに地下水対策等,大都市特有の多くの困難な技術課題が満載されていました。それらの困難な課題に対して真っ向から立ち向かっていった技術者たちの記録,創意工夫や試行錯誤の果て成功を収めた技術を紹介いたします。ちなみに,首都高速中央環状新宿線のトンネル名称については皆さんから応募して頂き,首都高速道路且ミ内で検討した結果「山手(やまて)トンネル」に決まったようです。





All Rights Reserved, Copyright Sougou Doboku Kenkyusho. Co.,Ltd.